2017年9月29日(木)10月5日(金):3年目までに知っておきたい脳卒中患者の歩行評価と介入~脳と運動学習の観点から~

スポンサーリンク

PT-communications主催の歩行セミナーを開催します。

  • 運動学習
  • 脳機能

2つの視点から歩行の評価・介入を考える、この日だけの特別コラボセミナーとなっております。

*申し込みは最下段にあります

セミナー概要 

脳卒中患者さんの歩行練習場面で「もう少しで上手く歩けそうだけど、何故か出来ない…」という現象に遭遇することはないでしょうか?

脳卒中患者さんの歩行は非常に複雑であるため、療法士は多角的な視点から評価・介入を行わなければなりません。今回のセミナーでは、その中でも必須となる「脳」と「運動学習」の観点から、脳卒中患者の歩行を紐解いていきます。

歩行に関する脳機能や運動学習を知る事で、歩行に対する評価の幅が広がり、介入の精度が格段に向上します。

  • 脳機能から考察するのは難しい…
  • 運動学習って聞いたことはあるけど…

このような苦手意識を持ってしまう若手療法士の方が、明日から活用出来る「臨床で使える脳機能と運動学習の基本的知識・活用した評価・介入方法」を分かりやすく説明します。

セミナー終了後には「脳の観点から評価すると…」「運動学習の観点から評価すると…」のように、あなたの臨床思考は広がっていることが期待できます。

もちろん、実際の評価・介入方法がイメージ出来るようになっているはずです。

臨床経験・セミナー講師経験ともに豊富な2人の講師だからこそ実現した、若手療法士がすぐに臨床で活かせるセミナーです。

セミナー内容

9/29(金)

「歩行時に足先が引っかかってしまう症例」をイメージして

  1. 運動学習からみた遊脚期の着目点
  2. 「目標」に基づいた評価・介入方法
  3. 脳機能からみた遊脚期の着目点
  4. 前脛骨筋・下腿三頭筋から紐解くH.C(ヒールコンタクト)とT.O(トゥオフ)
  5. 症例検討

10/5(木)

「歩行時に麻痺側に過荷重となってしまう症例」をイメージして

  1. 運動学習からみた立脚期の着目点
  2. 効果的な「目標」教示方法
  3. 脳機能からみた立脚期の着目点
  4. 中殿筋・大殿筋から紐解くM.S(ミッドスタンス)
  5. 症例検討

講師紹介

講師1:喜多一馬

理学療法士 / PT-communications運営者

理学療法士として大阪府内の急性期・回復期を中心とした病院に勤務。運動学習理論・動機づけ理論・コミュニケーション理論を応用した臨床の展開を得意とし、論文・学会発表を多数行っている。運動療法・評価学・コミュニケーションなどに関するセミナー講師歴も多く、受講生からは「分かりやすい!」「臨床に使える!」などの高評価を常に得ている。

詳しいプロフィール:こちら

講師:中上博之先生

理学療法士 / 脳外臨床研究会 / 3学会合同呼吸療法認定士

急性期~維持期まで幅広い臨床経験を基に、発症時期に関係なく、歩行に特化したアプローチができるセラピストを目指す。所属する脳外臨床研究会や外部講師として、主に「歩行」と「脳画像」をテーマに多数講演実績あり。そして、現在は脳と歩行を掛け合わせた独自の治療展開を日々磨いている。

中上先生が代表を務める勉強会

詳細

日時

  • 9/29金 19:00-21:30(受付18:30~)
  • 10/5木 19:00-21:30(受付18:30~)

開催地

  • 大阪市中央区民センター 第3会議室
  • 〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1-2-27 地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅3号出口東へ徒歩2分

費用

  • 1日参加:3000円
  • 2日参加:5000円
  •  1・2日目は異なる内容を行います
  •  どちらの受講でも学びのある時間となりますが、両日参加でより深まる内容です
  •  参加費は当日会場にてお支払いください

対象

  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その他

定員

  • 15名

主催

  • PT-communications

申し込み

当セミナーの申し込みはline@よりお願いいたします。

下記のアイコンより友達追加後、下記の内容をトークにてご連絡ください。

  • 参加日
  • お名前
  • 所属
  • 職種
  • 経験年数
  • その他ご要望等

手動の返信がきます。

スマホの方はこちら

友だち追加

PCの方はこちら

*line@とはlineを使って企業や個人が情報発信できるサービスです。申し込みのついでにPT-communicationsからの情報が届くようになります( ゚Д゚)…管理の都合上でline@を用いております。ご了承ください。

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!