理学療法士よ!給料・年収を上げる方法は新人の時から知っておこう!

TheDigitalWay / Pixabay

やっと理学療法士になれた!と喜んでいる新人のみなさん。そう遠くない将来、大きな壁にぶち当たります…そう、給料問題という壁です。

理学療法士として知識や技術を深めようとすれば、それだけお金も時間もかかります。いや、深めようとせずとも、将来結婚すればドーンと必要なお金は増えます。えっ、結婚しないって?それでもおじいさんおばあさんになった時に年金がどうなってるか分からないから、生きているだけでやっぱりお金はかかりますよ。

あぁぁあ………お金のことを考えると不安になってきますよね。

そこで筆者は、新人のうちから給料・年収について考えていく必要があると感じています。

スポンサードリンク

新人理学療法士の平均的な給料・年収・時給

低下していってるぞ!

まずは現状を知っておきましょう。

平均的な給料・年収

求人情報などを見ていると、新人理学療法士の平均給料・平均年収は次のような状況になっています。

  • 給料:20~25万円
  • 年収:390~420万円

理学療法士の平均年収が400万を切ったことが以前大きなニュースになっていました。年間1万人以上生まれてくる理学療法士ですから、世の中にはもうそこそこ満ち足りています。世間から需要が低くなって給料に影響が出るのは当たり前ですね。

それでもまだ、訪問看護ステーションなどであれば、給料30万円前後・年収500万円前後のところもあります。病院で一通り経験した理学療法士が訪問に転職するのは、お給料事情が影響している場合が多いものです。

平均的な時給

最近の非常勤の時給も以前より大きく下がっています。平均的な時給は次のような状態です。

  • 時給:1500~3000円

10年前ほどはどこにいっても時給3000円を超えていましたが、今は稀ですね。最近では1000円台をたくさん目にするようになってきました。場所によっては時給1200円程度のところもあって、理学療法士という国家資格が無くても同等の時給で働けるところがたくさんあるような状況です。

理学療法士はどんどん増えていきますし、診療報酬も厳しくなっていきますから、給料(年収)・時給はさらに減っていくと覚悟しておいた方が良いでしょう。

昇格と昇給はどれくらい?

こちらもけっこう厳しい!

まー安くても昇格・昇給すればそこそこいいでしょ?と思うのですが、実際はどうなのでしょうか?

昇格はなかなか厳しい

確かに管理職になることが出来れば給料はそこそこもらえるでしょう。筆者は管理職ではありませんので、実際のところどれくらいの手当てが付くのかは知りませんが…平均理学療法士よりは幾分か良いのは明確でしょう。

でもね、これだけ理学療法士人口が増えているんです。未だに年功序列の日本社会ですから、上もそこそこ詰まっていて、ライバルとなる若手は山のようにいて…管理職はそれでも一握り…となると、少し厳しそうなのは目に見えています。

では昇給は?

そうなるとアテになるのは昇給ですが、これもなかなか厳しいものです。

安いところだと0~500円(ひええぇえ!)、公務員だと5000円程度と噂で聞いています。初任給20万円で始まったとして計算してみましょう。

  • 500円昇給なら…10年勤務で月20.5万円、30年勤務で月21.5万円
  • 5000円昇給でも…10年勤務で月25万円、30年勤務で月35万円

いずれにしても老後まで考えると、ちょっと厳しいような気がしますね。

退職金ってどう見ておくの?

職場によって差が大きい!

見逃しがちですが、退職金についても考えておきましょう。

…が、これはなかなか明示されていないので分かりません。求人情報なんかを読んでみても、初任給・年収(年俸)・昇給については記載してあるものの、「退職金:あり」くらいにしか記載していないために情報が得られません。転職するときに「退職金はどれくらいになりますか?」とはなかなか聞きづらいものですしね…。

退職金は勤続年数が長ければ長いほど、掛け率が右肩上がりになっていきます。給与や福利厚生がそこそこ良くて、働き続けよう!と思うのならば、メリットは大きいでしょう。

世の中の平均的には2500万円程度と言われていますので、就業規則を見て「あ~勤め続けたら〇〇万円か~!」と比較するようにしてみましょう。

ちなみに年俸制になっているところは「毎年ごとの契約」という形になりますので、基本的には退職金は出ないと考えておいた方がよいでしょう。「年俸めっちゃええやん!」と思うのは、その中にすでに退職金として一部が含まれているためです。注意しましょうね。

公務員は強い?

給料的には強いです!

聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら公務員は待遇よさそうな気がしますよね。筆者が聞いている公務員の状況は次のようなお給料事情のようです。
  • 初任給:低め(20万円未満?)
  • 昇給:高め(5000円程度?)
  • 退職金:しっかり!(30年で2500~3500万円程度?)

勤めた最初の頃はしんどいけれども、続けていけば良くなっていく!と世間の公務員事情と一緒のように聞いています。もちろん条件が良いですから、なかなか退職者も出ませんし、求人に群がっていく…狭き門のようです。

一方、お仕事事情についてはなかなか厳しい意見があるようです。

  • 自動的に昇給するから頑張らない

頑張っても頑張らなくても、評価は一律なので、腐っていくスタッフが多いようです。

  • 自分の知識や技術を深めたい!
  • もっと患者さんの限界を越えたい!
  • 学術活動で突き抜けたい!

こんな思いを持つ理学療法士にとってはつらい場合もあるようです。お金だけで選べないところが、理学療法士のおもしろくも難しい側面ですね。*全ての公務員理学療法士がそうではありません、筆者が耳にしている範囲であることをご了承ください。熱心に学術などにも取り組んでいる公務員の話も耳にはします!

理学療法士で結婚出来る?

結婚できますが…

少し話題は変わって、お金問題と絡んでくる重要な因子が結婚問題です。

男性の理学療法士

「奥さんが働かなくてもいいようにしてやりたい!」ときっと思うことでしょう。かっこいい!世の中には世帯年収が300万円前半でも楽しく過ごしている家庭があると聞きますので、理学療法士の平均的な給料であれば、結婚しても「何とか」やっていけるでしょう。

でもね、平均的な給料では「何とか」を脱することはきっと出来ません。400万円程度の年収では生活に我慢することが多くなってしまうのは目に見えていますし、何より老後の貯えがあまり出来なくなってしまうでしょう。本当にギリギリです。子どもが出来た時に、好きなことを好きなだけ…とは言えないでしょう。

結果的に奥さんの力が必要になってきます。働くことをOKと考えている人を結婚相手として選んだ方が良いでしょう。ちなみに看護師さんと結婚する理学療法士も多いようですが、看護師さんの方が夜勤の兼ね合いもあり給料が高い場合があるそうです。家庭内で奥さんの力がすごく強いとの声も聴きます笑。

女性の理学療法士

「非常勤でもそこそこ稼ぎたい!」ときっと思うことでしょう。上述したように非常勤の時給は下降傾向となっていますので「そこそこ稼ぐ」には、やはり時間をかなり売らなければなりません。もちろん何も資格を持ってない状態でレジ打ちのパートをするよりは時給は良いとは思いますが。

出来れば非常勤で働かなくても成り立つ家計、を作れる収入の男性と結婚した方が良いでしょう。…女性の理学療法士じゃなくても、当てはまることですね笑。

理学療法士同士の結婚

同世代の多い職種になりますので、理学療法士同士の結婚はよく聞くものです。上述しているように、女性が非常勤などで働くことを視野に入れていれば、安定感のある職業なので大丈夫でしょう。お互いに仕事を理解し合えるので、金銭的な部分以外でのメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

  • なんであの勉強会行くの?
  • 職場の愚痴はもう嫌!
  • また理学療法の話題…

とならないようにだけ気を付けるようにしましょう。

求人情報の動向は?

低下傾向も希望はある!

ここまでで、もし「うわっ、低すぎ…」と思ったならば、転職を考えるはずです。ところで最近の求人状況ってどうなってるんだろう?求人情報サイトを見て、調べてみましょう

動向としては大きく3種類の特徴があります。

  1. 求人数の低下
  2. 給与の低下
  3. スキルを求めている

当然のことですが、理学療法士の数が増えているのでどこの法人でもそこそこ人が足りている状況になってきました。その結果、まず求人数が低下しています。当たり前ですよね。実はこれだけで「いつでも好きなところに転職」していた理学療法士の強みが1つ減ってしまいます。

同時に、転職に関する現実もかなり変化しています。

  • 昔:理学療法士の免許を持っているだけで「今日辞めても、明日から働ける」
  • 今:「理学療法士としての経験年数が多いほど、働きにくい」

こんな感じです。経験年数が長いほど給料を増やさないといけないので、出来れば新人の割合を増やして、人件費を抑えたいと考えますよね。経験者を雇うのも、求人が少ないから高い給与を提示しなくても来てくれるようになっているので、いずれにせよ給与が下がるのは当然の結果ですよね。そんな中で、まだまだ売り上げが確保できる訪問看護ステーションなどは給与を高く設定できるので、安易に転職するのは今が転職チャンスですね。

一方で、良い理学療法士を探している求人も少しずつ増えています。

  • 職場を管理出来る
  • 診療報酬に沿った運営が出来る
  • レベルの高い新人になるよう教育出来る
  • 患者さんが集まる痛みを取り除く治療スキルがある
  • 患者満足度を高める接遇やコミュニケーションスキルがある
  • 認知症の人が過ごしやすいケアスキルがある

上記のような、「他の理学療法士には出来ない特殊なスキルを持った人」を欲しがっている傾向があります。あなたの持つスキルが法人の欲しているスキルとマッチすれば「是非とも来てくれ!給料はそこそこ出すから!」ということになるでしょう。

このあたりに、今後の理学療法士の給料アップの秘訣が隠されています。

理学療法士の給料の上げ方

実はまだまだチャンスはある!

ついに一番大切な給料アップの話です。今、理学療法士として働きながら、給料を上げるには大きく3つの方法があります。

  1. 管理職になる
  2. 副業で稼ぐ
  3. 転職する

1つずつみていきましょう。

1.管理職になる

理学療法士がキャリアアップする!と考えるときに真っ先に思い浮かべるものですね。年功序列で難しいということを先述しましたが、それでも実力があれば人事も昇格を認めてくれるはずです。

理学療法士で管理職になるためには、まず臨床能力が必要です。管理職で臨床をする機会が無くても、臨床能力が必要です。なぜなら『臨床が出来ない上司には部下がついていかないから』です。まじで。管理職は部下に指示を出す役目ですから、ついていこうと思えない上司が指示を出したら反発してまとまりません。なので、臨床能力が必要なのです。

そして次にマネジメント能力です。

  1. コスト管理を行う
  2. 運営方針を決定する

簡単なように見えますが、診療報酬について正しく理解し、見通す能力がなければいけません。またそれを他職種や部下に説明して、動いてもらわなければなりません。うわ~筆者は考えただけでもぞっとします笑。

2.副業で稼ぐ

管理職にはすぐになれるものではないですから、ひとまずは副業しよう!という発想になりますよね。先述したように、クリニックや病院での非常勤の時給は少しずつ下がっていますので、良い待遇のところを選ぶ必要があります。ある程度の収入を得たい人の多くは、訪問看護ステーションでの非常勤勤務をしていますよね。

探し方は普通に求人サイトを見ても良いですし、人脈があれば紹介してもらうのも良いでしょう。非常勤ですから人間関係の悩みも少ないでしょうし、時給メインで選んでしまいましょう。

リハビリ職向けの求人サイトも最近はとても充実しています。ひとまず会員登録だけでもしておくと、アンテナが広がってよいかもしれませんね。下記のサイトで登録してみましょう!

①株式会社ウェルクス


②リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

③マイナビ「医療介護のお仕事」

こちらの記事も参考にしてみてください:理学療法士が給料upしたいなら、求人に強い転職サイトを利用しよう!

さてさて、副業といえば上記のように病院・クリニック・訪問などの法人で非常勤勤務することをイメージするでしょうが、実際には色々な副業をしている理学療法士がいます。

ブログによる広告収入

このブログがまさにそうなのです。ブログに貼ってる広告を見る・クリックすることで、ブログ運営者にお金が入ります。「なーんだ簡単そうじゃん!」と思うのですが、これがなかなか大変です。ブログを立ち上げて、読んでくれそうな記事を書いて、ブログが検索されて、たくさんアクセスされる必要があります。リハ豆は非常に苦労しています笑。

ちなみに理学療法士の知識や技術はまだまだ一般の人の知らないものが多いですし、理学療法士の数自体も多いので、あなたの知っている知識や技術はブログ記事としてすぐに役立つものばかりですよ。リスクも低いので、気軽に取り組めますし、上手くいけば記事を書かなくても月10万円くらい稼いだり出来るようです。またブログ発信から書籍出版に至っている理学療法士もたくさんいます。夢がある~!

セミナー講師による収入

一度は誰でも目指してみたいのがセミナー講師ですよね。理学療法士として高い専門的知識や技術を身に付けていれば、あなたもセミナー講師としての道が開けてくるでしょう。まずは職場の伝達講習や勉強会で積極的に発表し、次に友達や若手向けの勉強会で喋る機会をもらって、学会発表や論文に着手しながらあなたのブランド力を高めていきましょう。

理学療法士なら誰でも知りたいような触診・運動療法・脳画像の診方などを扱うのもいいですし、ライバルが少ないような少しニッチな分野から切り込んでいってもよいでしょう。ちなみに実力をつけるだけではセミナー講師として呼ばれることは少なく、あなたの取り組みや能力はSNSなどを使ってどんどん広告していきましょう。

コンサルタントや施設指導

セミナー講師と似たようなお仕事ですが、少し違います。例えばあなたが認知症のスペシャリストだとしましょう。認知症ケアに悩む病院の指導に行く、認知症のスペシャリストになりたい療法士などの専門職を手取り足取り指導する…これらによってコンサル料を貰うことも副業の形になります。

コンサルタントだと結果をしっかりと出さなければいけないため、求められることが一段階上がるような印象があります(適当な名前ばかりのコンサルもたくさんいますが…)。あなたの専門性が高まり、指導・教育出来るくらいになればこの道も開かれるでしょう。

理学療法以外で稼ぐ

理学療法のスキルを必要としない副業もたくさんあります。筆者は「せっかく理学療法士なんだから、そのスキルをどんどん活かして、社会にも貢献していこうぜ!」と思うので、出来れば理学療法のスキルを活かして欲しいなぁと思っています。

3.転職する

転職には大きく二種類の転職があると考えています。

  1. とりあえず給料だけ見て転職する
  2. 自分のスキルを買われて転職する

先述しましたが「病院で勤務してるけど、給料もう少し…」という発想だけで、給料の高い訪問に転職する人は多いです。給料高いから、そりゃ理にかなっていますよね。でもね、筆者は思うのです。

今は訪問が儲かる働き方ですけど、訪問が儲からなくなった時どうするんだろう…いずれ理学療法士として保険下で働いているとどんな形態でも貧乏になる可能性ない?目先の給料だけ追っていると、業界がヤバくなった時に直で煽りを受けない?と。給料の高い職場…と考えて転職するのは大切ですが、もう一つ考えておきたいものです。

一方、あなたのスキルが買われている場合はどうでしょうか?イメージとしては「〇〇さん、君の能力を評価しているから、是非ともウチで働いて欲しいんだ!給料はもちろんそれなりに払うから!」です。

ふむふむ、これならあなたの能力に価値を見出してくれているわけですから、その対価としてお金が発生しています。これは「理学療法士」という看板だけでお金を稼いでいるわけではないので、高い給料がもらえそうですね。

実際世の中には実力を買われて高い給料で雇われている理学療法士がゴロゴロといます。また、その実力を活かして自らが社長となり会社を動かしている理学療法士もゴロゴロといます。是非とも新人理学療法士にはギラギラとして、能力を磨き、稼げるようになって欲しいものです。

新人理学療法士は何に取り組めば良いのか?

新人理学療法士よ、貪欲になれ!

さて、最後に「どうすれば良いの?」を考えることにしましょう。

社会人としてのスキルを身に付ける

まずは日々の仕事をきっちりとして、社会人のマナーを身に付けましょう。電話対応・名刺の渡し方・言葉遣い・靴の脱ぎ方・メールの送り方…挙げだしたらキリがありません。社会人のマナーが出来なければ、あなたに良い仕事は回ってきません。理学療法士の前に、まず社会人、まず大人、です。

筆者はこの本で社会人マナーを勉強しました。

理学療法士としてのスキルを身に付ける

理学療法士の看板を使う働き方をしていきたいのであれば「立派な理学療法士だよね!」と思ってもらえるだけのスキルが必要です。解剖・生理・運動の基礎知識、疾患・症状の把握、各分野における評価と治療の実践…スペシャリストと言われるところまで出来なくても「何でも一通りは出来ますよ!」と言えるようにはなっておきたいものです。もちろん、すごーーーく大変なのですが、日々それを目指すことでしか、立派な理学療法士への道は開かれません。

実績を作る

単に理学療法士として働くだけでは、あまり良い収入を得ることが出来ないのはここまでで良く分かったと思います。となると「あなたにしか出来ないこと」を実践することで、ようやく高い給料に結びついてくるものです。でも、能力だけがあってもダメ。「へぇ~そんなこと取り組んでるんだ!」と実績を作りましょう。

理学療法士では一般的な学会発表や論文はもちろん、行政や一般企業と提携して行った仕事、セミナー講師歴、職場で取り組んで成果の上がったもの…なんでも構いません、聞いた人に関心をもってもらえる実績を作りましょう。

全て同時に取り組む

これらを順番に取り組んではいけません、全て同時進行です。なぜなら、順番では間に合いません、おじいさんになってしまいます苦笑。マナーを学びながら、理学療法士としてのスキルも高め、実績も作る…上手くいかなければその場その場で学んでいく。あなたが普段いないような空間に居続けることで、自然とレベルアップしてくるものです。

おわりに

お金を考えろ!

若手の理学療法士がお金のことについて必死に語ることってなんだかタブーとされているような気がします。若手だからこそ知識を深めて、技術を研鑽して、学会発表して、いずれは大学院に行って…とにかく一人前になりなさい!と、言われそうです。

でもね、それで上手くいってた時代は、少し前の理学療法士が少なかった時代の話です。今の若手理学療法士が生きる時代で、それだけやっていても貧乏な大人になってしまうことは目に見えています。

  • お金があるから有料老人ホームに入れる
  • お金があるから満足な社会資源を受けれる
  • お金があるから楽しく生活できる
  • お金があるから家族が介護してくれる

理学療法士として働いていれば、お金があるから救われている患者さんをたくさん見てきているはずです。お金が大切だからこそ、ちゃんと将来のことを若いうちから考えて、自分の生活をコントロール出来るようにならなければいけません。貧乏になってからは手遅れです。

もう一度…なんとなーく働いていては、今後必ず貧乏な大人になってしまいます。若手のころから、しっかりとお金を考えて働くようにしましょう!

スポンサードリンク