ブログ記事作成機である私が実践している、素早くブログを書きあげるコツを紹介!

スポンサーリンク

ブログを書くって何だか面倒で時間のかかる作業だと思いませんか?

私もブログを書き始めた最初は2~3時間…いや、4~6時間もかけて書いていました。

  • うーん、この表現では伝わらない…
  • これでは文脈がおかしい…
  • 改行をもう少し入れた方が…

とか、もう気になれば無限に時間が過ぎていくもの。そんな私が最近では30分くらいで一記事書けるようになってきたので、そのノウハウを紹介します!

誰でも出来る方法なので、是非とも参考にしてみてください(*´ω`)

*バリバリにSEO意識した記事を書く時には適していません。

書くテーマを決める

「パソコンの前に座ってから書く!」というのは非常に効率が悪いです。

テーマを探して、関連したことを調べて、どう文章にしようかな…とゼロからの作業になってしまうからです。

日頃からアンテナ全開にしておいて、引っかかったものはメモや脳内に留めておきましょう。

私は『書きたいなぁ…』という内容が常時脳内に10個くらいはキープしてあります。

で、パソコンの前で「今はこれ!」と気分に合わせて書くようにしています。

日頃からテーマを探しているかどうかは、かなりポイントになってきます。

これだけで9割おっけ!

小テーマを決める

次に小テーマを決めておきます。

そうすると書くべき内容が大方決まってくるので、何を書くべきか、どう書くべきかが見えてきます。

私の敬愛する井上雄彦先生は「キャラが自分で動いてくれるから、キャラに任せている!」みたいな発言をされていましたが、私の技術では文章が踊り出すようなことはありません。

井上雄彦といえば…

ブザービーターだよね! 

漫然とパソコンに向かわない。意外と大切です。

小テーマに合わせてTwitterを使う

下記の記事でも書きましたが、Twitterが非常に便利です。

あなたのブログは武器になる!そのためには継続!継続!継続!私のブログ継続3つのコツを紹介!

2018.01.23

例えば、上記のツイートの「大テーマ:脳卒中のリハビリ」であれば…

小テーマ①:上肢のROMex

『私が上肢のROMexで大切にしていることは、いかに患者さんに力を抜いてもらうかだ。そのために声かけを「力を抜いてください」や「だらーんとしてみましょう」など、たくさんの声かけを試している。これがコツ!』

のように、小テーマごとにtweetしていきます。

そしてブログでは見出しごとにツイートを貼り付けていきます。

あらかじめ書いておくことで『よし、では力を抜く方法を書こう!その手順は…』と自身が書く内容を指定することが出来ます。

小テーマを決めても、具体的に書く内容を決めれないことが多いものですから、Twitterを利用して書く内容を定めてしまいましょう!

タイムアタックする

ブログって細かいところを気にし始めたらキリがないものです。

で、細かいことを気にすると時間は永遠に過ぎていきます…!

なので、時間制限を自分で作っていきましょう!

実はこの記事も、セラピストブロガーを目指す原谷さんと一緒にタイムアタックしながら書いています。

『45分で一記事!絶対!マスト!いくぞ、おー!』です。

*原谷さんは初めてのブログ記事なのに、タイムアタックさせられています(*´ω`)

大体、人間の集中力なんてそんなに長続きしないものですから、粘ってもダメ。

時間を決めてガシガシと書いていきましょう(*´ω`)

見直しは一回!と決めてしまう

「良い記事を書こう!」と思うとたくさん見直ししちゃうものですが、見直せばそれだけ修正点が出てきます。

  • ブログは書籍でも論文でもないので直しがきく
  • ある程度間違っててもそれなりに読める
  • むしろツッコミどころが多い方が話題になる

なので、完璧じゃなくてもいいんです!

見直しを一度…いや、三度!とかでもOKですが、決めることが大事です。

そうそう、生産性を高めたい!という方は下記の記事もどうぞ(*´ω`)

もっとレベルアップしたいと思うセラピストは"生産性"を絶対に読んでおこうぜ!

2018.01.14

というわけで、どんどんブログ書いていきましょう!

ブログ、楽しいですよ(*´ω`)

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!