たくさんの挑戦を中心に活動して楽しんだ2017年だったぞぉ~、総括します。

スポンサーリンク

2017年は激動。

たくさんの挑戦

たくさんの楽しさ

いくつかの決心

そしてこれからの課題

それらが見えまくった一年でした。

ってわけで、今年の総括してみますー!

ブログが育った!

これまで何度か報告してきましたが、ブログが加速しました。

マジでたくさんの人に見てもらえるようになりました(*´ω`)

めっちゃ嬉しいです!

(12/6からGoogleが検索結果の表示を大幅に変えたために、検索流入は減っています。が、それでも1200PVよりは遥かに多い状態を維持出来ています。)

ブログはセルフブランディングする際の看板となってくれます。

「キタと言えばコミュニケーションだよね!」と思ってくれている人が増えているのも、ブログの役割が大きいです。

来年もたくさん記事を書いていくので、引き続き見ていただければ嬉しいです(*´ω`)

学会でもアウトプットしまくった!

具体的にはこんなタイトル、学会で発表してきました!

今年の学術一覧

  • 喜多一馬,池田耕二:理学療法時の意欲を向上させる声かけの言い回しに関する予備的研究.理学療法科学,2017,32(1):35-38.
  • 喜多一馬,山口真弘,元泉佑介,上原貴廣,川上智:異なる非言語的コミュニケーションスキルを用いた模擬面接ビデオの作成:回復期リハビリテーション病棟協会第29回大会in広島(2017)
  • 門田琴子,喜多一馬,上原貴廣,川上智:回復期リハビリテーション病棟における栄養補助食品の運用方法についての紹介:回復期リハビリテーション病棟協会第29回大会in広島(2017)
  • 喜多一馬,池田耕二:理学療法想定場面におけるフレーミング効果を意識した声かけが意欲に与える影響について:第51回日本理学療法学術大会(2017)
  • 喜多一馬,池田耕二:質問項目から見た患者タイプ別のフレーミング効果を意識した肯定的・否定的な声かけの有効性に関する探索的研究:リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017(2017)
  • 喜多一馬,川上智:当院回復期リハビリテーション病棟入院患者における嚥下体操と喫食率の関係について:リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017(2017)
  • 中村理沙,喜多一馬,重田寛人,川上智:効果的な家族指導の結果、自宅復帰に至った一症例~外泊前後に自宅での実動作指導を実施して~:リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017(2017)
  • 銅野貴之,喜多一馬,川上智:病棟での療法士による嚥下体操の運営方法について:リハビリテーション・ケア合同研究大会久留米2017(2017)
  • 喜多一馬,池田耕二:理学療法に積極的に取り組んでいる腕神経叢引き抜き損傷を有する男性患者の意欲を探求する-解釈学的現象学分析-:保健医療学学会第8回学術大会(2017)

よく見ると分かるのですが、今年は徹底的にコミュニケーションに関する発表を行っていました。今後も私たちの日常的なリハビリ効果に影響を与えるようなコミュニケーションについて、少しずつ明らかにしていきます。ハッキリ言って楽しいので、誰か一緒にやりましょう(*´ω`)

また外部で培ったノウハウは内部で活かしてなんぼ!という側面もあります。研究の手法、まとめ方、発表方法などなど…後輩育成もしていこうと目論んでおります。

セミナー運営を開始した!

グラフィックス1

学術やブログ発信だけでは「コミュニケーションをどうやって臨床に活かすねん!」が分かりにくいもの。

そこで、「×コミュニケーション」をすることで、リハビリテーション効果を最大限に高める…をコンセプトにしたセミナー運営を開始しました。

これがなかなかにおもしろくて、毎月楽しみになっています。今後も知識と技術のあるセラピストに協力してもらって、私らしいセミナーを運営していきます。興味があれば足を運んでみてくださいね!

最近書いたセミナーレポートはお気に入りなので、これも読んでもらえると嬉しいです(*´ω`)

セミナーレポート【2017年12月18日:初学者向け!超少人数制で徹底実技! インナーマッスルを正しく賦活させる運動療法の実践!】

2017.12.19

オンラインサロンってのも運営をはじめました!

下半期はオンラインサロンに注力していきました。

  • the Arth
  • リハビリコネクト

この二つです。

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。 wikipediaより

 

まずはセラピストブロガーである西野さんが主催するthe Arthというオンラインサロンに運営サイドで関わっています。

このブログでも対談記事として、まとめていますので、時間がある時に読んでみてください!

【対談】セラピストは「身に付けた武器を発信するため」のブログ運営をしていくべきだ。

2017.12.17

 

そしてもう一つが、リハビリコネクトというオンラインサロンです。

来年一月にオープンして、訪問リハセラピストが繋がり-レベルアップ-キャリアアップ…そんな場を作ります。下記の記事で詳しく書いているので読んでみてください!

オンラインサロン【リハビリコネクト~訪問リハが繋がるサロン~】メンバーを圧倒的募集中!

2017.12.20

 

どちらもまだ始まったばかりですが、相当におもしろい場です。

セラピストの業界にはオンラインサロンってあんまりないのですが、これからの学びの場としてはかなり有益になると感じています。

他にも種から芽になりそうな諸々がたくさん!

他にも同時進行で動いてるプロジェクトがいくつかあります。まだまだ種のものから、もう芽になっているものまでたくさん。

  • ファッションショー
  • 本の製作

このあたりはこれまでのセラピストにない形としてアウトプット出来そうで、種~芽という具合です。早く話を進めて、発表出来るように持っていきたいです(*´ω`)

自分の軸が見えてきた!

たくさんの取り組みをしていく中で、少しずつ自分の軸のようなものが見つかってきました。

そして以前から持つ「理学療法士がコミュニケーション能力を高めることで患者さんのためになる!」という思いが、少しずつ言葉に出来るようになってきました。今年は個人事業主にもなりましたので、来年は事業という形で世間に伝えていきます。

言葉に出来たという記事の1つがこれです、私の中では今年一番のブログ記事です。

読んで欲しい(*´ω`)

私が「×コミュニケーション」を心に決めた一つの大きな経験。

2017.12.10

今年の活動は私の人生を楽しくさせた

mohamed1982eg / Pixabay

ここまで読んだら「あ、ちょっと大変そう…」なんて思うかもしれません。が、全然そんなことありません。

自分がやってみたいなぁ!と思う事を一生懸命になってやっていたら、気付けば広がっていて、楽しくなっていました。

 

でも、どれもこれも取り組むのにほんの少しの勇気が必要でした。

  • 研究なんてやったことないし…
  • ブログなんて全く何も知らない
  • セミナー講師も運営も、すごい人がやること…
  • オンラインサロンなんて意味プ―やん…

こう思い始めるとなんだか怖くて挑戦することをためらってしまいます。

 

でもね、失敗しても別に良いのですよ。失敗したって死ぬわけじゃない、ケガするわけじゃない、借金を背負うわけじゃない…

今は必要な知識って大体Googleに聞けば教えてくれちゃう。少し調べてやってみたら、けっこうどうにかなるものなんです。

 

今年はそれを知れて本当に良かったなぁと思っています。

 

そしてそんな気持ちを私以外のまだ飛び出してないセラピストにも感じて欲しいなぁ…なんて思っています。

私は「×コミュニケーション」ですが、世の中のセラピストには「×○○」がそれぞれにあります。あなたも、好きな事ややってみたい事…「×○○」にしてみてはいかがでしょうか?

私はやってみたら楽しい一年でしたよ!

私のような普通の病院勤務PTがたくさんのことを出来たのです、あなたもたくさん色々出来るはずです!

また来年は取り組みそれぞれを大きくしていきます。この記事では書けてないこともたくさんあるので、それもどんどん強化します!

そんじゃまた(*´ω`)

スポンサーリンク