職場の同僚・上司のコップを割ってしまった時の正しい対処方法

vedanti / Pixabay

職場の休憩室には必ずドリンクコーナーがあるものです、世の中って本当にコーヒー好きな人多いですよね。なので日常的にコップが洗い場で積み重なっていたり、無造作に机のすみっこに置かれていたり…なかなかにコップにとっては危険な状況にあることも珍しくありません。そして、コップが悲劇にも床に…あぁなんてこった!という事が年に一度か二度ほどあるものです。さて、あなたはコップを割ってしまいました…どのように振舞えば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

1.まずは誰のコップか特定する

なんだか悪いことをしてしまったようで、見なかった事にしたいものですが、そこは社会人。そういうわけにはいきません。絶対に謝罪しなければなりません。そのために、まずは必至に割れたコップの持ち主を探しましょう。意外にも誰がどのコップを使っているか、何人かに聞いてみると知っているものです。「割っちゃったんだけど、これ誰のか知ってる?」と素直に聞いていきましょう。

2.すぐに謝罪する

「あぁ疲れたー!コーヒーを飲もう!」と思った時にコップが割れていたら大変ショックですし、場合によっては怒りがこみ上げてくるでしょう。なので、相手がコーヒーを飲みたくなる前に謝罪にいきましょう。ショックや怒りに比べれば、コップが無いことを知ることなんて大したことありません。むしろ申し訳なさそうに、コップくらいで…と思ってもらうくらい、謝罪しましょう。

3.代わりのコップを用意する

割れてしまったものは直りませんので、代わりのコップを買っていきましょう。これが誠心誠意の対応です。この時「割ったけど、むしろラッキー!」と思ってもらえるような、かわいいコップ・渋いコップ・スタイリッシュなコップなど、とにかく割ったコップよりもワンランク上のコップを用意すると良いでしょう。割ったのに好印象を与え、むしろ今まで以上に信頼関係が構築できるかもしれません。

4.何かを添える

さらに上級テクニックとして、好きそうなお菓子を添えてコップを渡しましょう。別に高級なものでなくてもかまいません。コンビニで売ってる100円くらいのお菓子でかまいません。大切なのは心遣いと誠心誠意っぷりです。お金高くなるじゃん!と思うなら、コップを100円安いものを買いましょう。何か添える効果はものすごく好印象です。

5.間に合わない場合には…

しかし、近くにコップを売ってる場所がなく、どうしても対応できない!なんて事態にも陥りがちです。そんなときには缶コーヒーなどのコップを使わずとも飲めるアイテムを手渡しましょう。あなたのせいでコーヒーが飲めないのです、缶コーヒーくらい買おうよ!って話ですよね。

6.こんな対応はだめだ!

一方でダメな対応は下記のようなものです、絶対に行わないようにしましょう。

  • 「ごめんなさい」とメモだけを残す:必ず口頭で謝罪を!
  • 「私のコップを使ってください」と伝える:嫌!普通、嫌でしょ!
  • 「コップが積み重なってて…」と言い訳:まずは謝罪!
  • 「別にコップくらい」と決めつける:相手にとって大切なものと思おう!

おわりに

わざわざこんな記事を書いたのも、コップを割ってしまったスタッフが上手く対応出来ていないことを目にしたためでした。コップを割るのは仕方がないけれど、そのせいで人間関係が悪くなるのはもったいない…正しい対応を知っていれば違うのに…。ですよね。もし、あなたがコップを割ってしまっても、「割られてラッキー!」と思わせるくらい素晴らしい対応をして、信頼関係をより深めてくださいね。

スポンサードリンク

         
vedanti / Pixabay