FIM「排便」の評価方法について

chriskeller / Pixabay
スポンサーリンク

この記事ではFIMにおける「排便コントロール」の評価方法を紹介します。排尿排便の採点はナースさんに一任している…という施設も少なくないでしょうが、あなた一人で評価しなければならない時は必ずやってきます。苦手意識を持つ以前に、いつも適当に採点しちゃってそのまま…なんて自体をなんとか克服しましょう!この記事でFIMの排便コントロールについて復習しましょう。

定義

FIMにおける排便コントロールの定義とは【排便管理の失敗頻度と必要な介助量の頻度】とされています。排尿・排便は、失敗と介助量の二方面から採点していきましょう。

  • 失敗:汚物を取り換える頻度(失便は違う)
  • 介助量:摘便・浣腸・座薬など

失敗と介助量の両者を採点し、それぞれで低い方を採用して採点します。

採点方法

この記事では失敗と介助量、それぞれの定義を紹介します。

7点

  • 失敗:失敗しない
  • 介助量:自然排便、月二回以下で自己にて座薬を使用している

7点は完全自立ですが、月二回以下であれば座薬の使用もOKとなります。

6点

  • 失敗:オムツ・パットなどを使用しており、失便しても自己にて全て処理する
  • 介助量:座薬・浣腸を週1回自己にて使用している

6点は修正自立になりますので、失敗・介助が自己にて補えている事がポイントです。座薬・浣腸の頻度も忘れないようにしてください。また、飲み薬を使用して自立している場合には6点になりますので、この点も注意しましょう。薬はチェック。

5点

  • 失敗:月1回未満の失敗
  • 介助量:座薬・浣腸を月2回以下で介助にて使用している

5点はFIMの原則では見守り・準備となっていますが、失敗が月一回未満、座薬・浣腸に関しては月2回以下であれば、介助でも5点を採点します。頻度が重要です。

4点

  • 失敗:週1未満の失敗
  • 介助量:隔日以上座薬・浣腸を行う

ここからが介助と採点されます。座薬の使用に関してはどれだけ使用していても4点までしか下がりません。

3点

  • 失敗:1日1回未満の失敗
  • 介助量:自己にて排便≒腹圧介助・摘便回数

腹圧介助・摘便といった、直接的に排便を手伝う作業が採点に含まれてきます。

2点

  • 失敗:毎日失敗
  • 介助量:失便を知らせるのみ、自己にて排便<腹圧介助・摘便回数

1点

  • 失敗:管理出来ず、オムツなどが必要
  • 介助量:失便を全く知らせず、ほぼ完全に腹圧介助・摘便介助している

まとめ

排尿の採点に比べると比較的考えやすいものになっています。

まとめると下記のようになります。

  失敗 介助量
7 しない 全て自立
6 自己にて処理 自己にて使用
5 ~月1回 ~月2回、座薬
4 ~週1回 座薬浣腸のみ
3 ~日1回 自己≒介助
2 毎日 自己<介助
1 毎回 全て介助

また下記のような状態にも気を付けてください。

  • トイレに行くが出ない:採点対象にはなりません
  • 排便を促すために水分摂取をコントロールしている:水やお茶などの普通に飲食されるものは採点外です
  • 内服薬の管理を介助で行っている:排便ではなく、認知機能で採点しましょう
  • ポータブルトイレの処理の扱い:自己にて行っていれば6点、介助していれば4点
  • 利尿剤の扱い:排尿便のために使用していれば6点ですが、腎機能に対して使用している場合には採点外。他の薬でも、排尿便に作用しても主目的であるかどうかを採点対象としましょう。
スポンサーリンク
chriskeller / Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。