FIM「排尿」の評価方法について

スポンサーリンク

この記事ではFIMにおける「排尿コントロール」の評価方法を紹介します。排尿排便は動作ではないために、セラピストには少し馴染みの薄い項目で、苦手意識を持っている人が多いものです。しかし、日常生活において排尿便が適切に気分良く行えているかは重要ですし、セラピストの動作目標となるトイレ自立を達成するためには必ず知らなければならない項目です。この記事でFIMの排尿コントロールについて復習しましょう。

定義

FIMにおける排尿コントロールの定義とは【排尿管理の失敗頻度と必要な介助量の頻度】とされています。他の動作項目と違って、失敗と介助量の二方面から考えていく必要があります。

  • 失敗:汚物を取り換える頻度(失禁は違う)
  • 介助量:括約筋をコントロールする程度

失敗と介助量の両者を採点し、それぞれで低い方を採用して採点します。

採点方法

この記事では失敗と介助量、それぞれの定義を紹介していきます。

(下記では、失敗量①と②に分けていますが、どちらかを満たしていればその点数にしてください。)

7点

  • 失敗:失敗しない
  • 介助量:失禁しない

6点

  • 失敗:オムツ・リハパン・パットなどを使用しているが失敗なく、失禁も自己にて処理する
  • 介助量:導尿・尿器・ポータブルトイレを使用しているが、準備・片付けなどを自立している。排尿に関する薬を飲んでいる。

つまり何らかの道具を用いているが、自分で完璧に管理出来ている場合には6点と評価されます。薬を飲んでいても6点になることを注意してください。

5点

  • 失敗:失敗が月1回未満
  • 介助量①:週1回以下の導尿介助する。
  • 介助量②:尿器・ポータブルトイレを準備する

4点

  • 失敗:失敗が週1回未満
  • 介助量①:導尿介助を週2~6回
  • 介助量②:夜間のみ尿器

3点

  • 失敗:1日1回未満
  • 介助量:週2~6回の導尿 or 自己での排尿回数=導尿介助

2点

  • 失敗:毎日
  • 介助量①:自己での排尿回数<導尿介助
  • 介助量②:汚れたオムツの交換を頼める

1点

  • 失敗:毎日毎回お線条体にある
  • 介助量①:汚れたオムツの交換を頼めない
  • 介助量②:カテーテル管理下

まとめ

つまりまとめると下記のようになります。

失敗 介助量
7 しない 全て自立
6 しない 修正自立
5 ~月1回 ~週1回
4 ~週1回 週2-6 or 自己>介助
3 ~日1回 自己=介助
2 毎日 自己<介助
1 毎回 全て介助

補足

と、ここまで読んでもイメージが浮かびにくいのがFIM排尿です。特にバルーンカテーテル・尿器・おむつの時に混乱が生じやすいので、整理していきます。

カテーテル

6点:カテーテルを使用しているが全て自己で管理

5点:尿捨てのみ介助にて行っている

1点:カテーテル挿入、尿捨てを介助にて行っている

1点:バルーンカテーテルの管理を介助している

4~2点:自己導尿回数と導尿介助回数に準じる

尿器

6点:尿器を使用するが、処理は自己にて行う

5点:尿器を使用し、処理は介助する

4点:尿器使用に介助を必要とする

オムツ

6点:オムツ交換を自己で行う

2点:オムツ交換を依頼出来る

1点:オムツ交換を依頼出来ない

おわりに

なかなか採点が難しいですが、Nrsや患者さん家族の話を聴きながら採点をしていきましょう。他のFIM項目と比べると細かく覚えなければならない項目ですので、自分なりのメモを用意して、いつでもそれを見ながら評価出来るようにしておく事が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。