FIM「更衣(下)」の評価方法について

スポンサーリンク

この記事では、FIMにおける更衣(下)について紹介します。更衣(下)も更衣(上)と同じなんでしょ?と考えてしまいがちですが、上と下では少し違います。この記事を読んでいただき、正しく採点出来るようになりましょう。

定義

FIMにおける定義では【衣服を取り出す事を含めた、腰より下の更衣および、義肢・装具を着用している場合にはその着脱も含む】とされています。更衣(上)では普段着ている衣服をいくつかの動作に分割して評価しますが、更衣(下)では衣服の種類に分けて評価します。更衣(下)では次の項目を採点対象とします。

  • 下着
  • ズボン
  • 靴下

以上、4点を主たる評価対象としてください。

ちなみに下衣の義肢・装具と言えば短下肢装具や大腿義足を思い浮かべますが、それだけでなく弾性ストッキングやオムツの着脱も評価対象に入りますので注意してください。

採点方法

7点

衣服の取り出し、更衣が行える

使用している場合には、義足やおむつを含めて、全て行えていれば7点と評価してください。

6点

補助具を使用している、通常よりも時間がかかる

下衣で用いられる補助具とは次のようなものです。

最後の靴は「通常の靴が履けないために配慮して、このタイプ」となれば6点になります。が、「可能だけど好んで履いている」であれば7点と採点してください。

また、靴だけに限らず、ズボンに改造(止めやすいボタンにする、腰をゴムに変更している)があれば6点と採点してください。

5点

準備・見守りが必要、介助者が装具装着を行う

上衣と同様に、装具については全介助であっても5点と扱います。ちなみに装具は下記のようなものです、義足はアマゾンでは出てきませんね。

上述しましたが、おむつや弾性ストッキングも装具と同じ扱いになりますので、全介助であっても5点と採点します。

4~1点

一連の動作の何割を行っているかで決定:参考

  • 75%以上=4点
  • 50%以上=3点
  • 25%以上=2点
  • 25%以下=0点

上衣とは異なり、下記項目がどれくらい実行出来ているかを割合で考えましょう。

  • 下着
  • ズボン
  • 靴下

例えば、下記のように実行出来ていれば…

  • 〇:下着
  • 〇:ズボン
  • ✕:靴下
  • ✕:靴

50%が実行出来ているので3点と評価します。

また、次のように部分的に実行出来ている場合には…

  • 〇:下着
  • 〇:ズボン
  • ✕:靴下(50%遂行)
  • ✕:靴(50%遂行)

となれば全体としては75%が遂行出来ていることになるので、4点と採点します。

注意点

姿勢はどの状態を評価すればいいの?

姿勢はどんな姿勢でもかまいません。ごろごろとしながらベッド上で行っても、座位で行っても、立位で行っても、その実施の程度を評価しましょう。

入浴前後の更衣は評価しない

入浴における更衣は、体が濡れている事・浴室といった特殊な場所・時間が短いなどの理由から、通常行われる更衣とは異なると考えられます。そのため評価対象として除外するようにしましょう。

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!