FIM「整容」の採点方法について

スポンサーリンク

この記事ではFIMの「整容」について、採点方法とその実例を紹介します。PT・STにはなかなか馴染みのない評価項目ですが、セラピストはFIMをさっと採点出来なければなりません。苦手意識を無くすためにも「整容」の採点方法を復習しておきましょう!

定義

FIMにおける整容では【口腔ケア・洗顔・手洗い・洗髪・化粧or髭剃りの5つの動作】が採点項目となっています。

つまり下記の5点を評価しましょう。

  1. 口腔ケア
  2. 洗顔
  3. 手洗い
  4. 洗髪
  5. 化粧or髭剃り

注意したい点は化粧or髭剃りを行っていない人(日ごろからスッピンの女性、髭を伸ばした男性ですね)の場合には、評価項目から除外して、4項目で評価しましょう。

採点方法

7点

全ての項目を準備を含めて、全て自分で行っている

他のFIMの項目と同様ですね。

6点

自助具を用いる、時間がかかる

次のような点に注意しながら採点してください。

  • 普通歯ブラシでは磨けず、電動歯ブラシを使っている:6点
  • 普通歯ブラシで磨けるが、電動歯ブラシを使っている:7点

自助具というとOTさんが扱うような福祉用具だけでなく、一般の人が使うちょっとした道具も自助具に含むので、注意が必要ですね。

5点

見守りまたは準備が必要

見守りは直接的に触れずに行われる行為で、下記のようなものが該当します。

  • 見ているだけ
  • 「次は右上の歯を磨きましょう」などを伝える

準備は整容動作実施前に行われる行為で、下記のようなものが該当します。

  • 整容器具の準備、装着(タオルやシェーバーなど)
  • 歯磨き粉を歯ブラシにつける
  • 化粧品の容器を開ける

4~1点

一連の動作の何割を行っているかで決定:参考はこちら

FIMの原則にのっとり、75%以上=4点、50%以上=3点、25%以上=2点、25%以下=0点で計算します。

整容は5つの動作を評価するため、それぞれが可能かどうかを評価します。

  • 〇: 口腔ケア
  • ✕:洗顔
  • 〇:手洗い
  • ✕:整髪
  • 〇:化粧または髭剃り

このように3つは自立、2つは全介助であれば2/5(=40%を実施できない)となり、整容は60%を行っているため、点数は3点となります。

しかし、現実的には全てが出来るor出来ないと分かりやすくなる場合ばかりではありません。各項目がどれくらい実施できているのかを評価しながら、採点していきましょう。

  • 50%実施: 口腔ケア
  • 100%実施:洗顔
  • 100%実施:手洗い
  • 10%実施:整髪
  • 0%実施:化粧または髭剃り

このような場合ではそれぞれの点数を合算し、割る事で採点します。つまり…

  • 3点: 口腔ケア
  • 7点:洗顔
  • 7点:手洗い
  • 0点:整髪
  • 0点:化粧または髭剃り

(3+7+7+0+0)÷5=3.4点(四捨五入して3点)と評価します。

先述しましたが、必要性がなく行っていない項目は除外となりますので、場合によっては4項目・3項目といったことがあります。

髭を伸ばしている人、スキンヘッドの人などが該当しますね。んん、スキンヘッドの人って頭は整体になるのかな…そのへんはまた勉強しておきます!

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!