FIM「移乗(ベッド・椅子・車椅子)」の評価方法について

スポンサーリンク

この記事ではFIM移乗に関する評価方法について解説します。理学療法士・作業療法士であれば車椅子生活の患者さんに関わる事が多く、必ず正確な採点が出来なければなりません。採点方法を知らないなんてもってのほか!今更聞けないFIM移乗について復習してみましょう。

定義

FIMにおける移乗動作は3つあります。

  1. ベッド・椅子・車椅子
  2. トイレ
  3. 浴槽・シャワー椅子

それぞれ独立したFIM項目であることを覚えておいてくださいね。

さて、移乗(ベッド・椅子・車椅子)では【ベッド・椅子・車椅子間の乗り移りに関する全ての段階を評価する】と定義づけされています。全ての段階ということで、下記の点を注意してください。

  • 起き上がりから採点される
  • 歩行自立であっても立ち上がりに介助があれば移乗で減点する

採点方法

7点

装具・手すりなどの自助具を用いずに自立

これはそのまま言葉通りですね。

6点

装具・手すりなどの自助具を用いて自立 or 時間がかかる

こちらも言葉の通りですが、下記のような状態の採点は気を付けてください。

  • ベッド柵などの通常では必要としないものを使用して6点
  • 短下肢装具などを利用していれば6点
  • 脊髄損傷などでリフトを使用している場合には、リフトで自立していれば6点
  • リフトで見守りならば5点、リフトに乗せてもらっている場合には1点

5点

準備・見守りが必要

見守りはそのまま、見守っている事です。

準備としては下記のようなものが含まれます。

  • 車椅子の位置を修正する
  • ブレーキ、フットレストの管理をする
  • 布団、毛布を動かす

4~1点

ここからは人的介助が必要な状況です。

下記のように判断していきます。

4点:動作の75%以上を行っている

  • 軽く触れている程度の介助

3点:動作の50%以上行っている

  • 軽く引き上げる程度の介助

2点:動作の25%以上行っている

  • しっかり引き上げ、回す介助

1点:動作の25%以下行っている

  • 全介助
  • 2人介助

下記表をイメージするとよいでしょう

4点 触れる程度
3点 軽く引き上げる
2点 しっかり引き上げ回す
1点 全介助・二人介助

注意点

下記のような状態には注意しましょう。

起居動作が全介助の場合

:起居動作は採点対象ですが、あくまでもメインは移乗。減点されても3点までしか下がりません。

日中と夜間で状態が違う

:眠剤の使用や、念のためという理由で自立度を変えている場合があるでしょう。低い点数を採用しましょう。

ベッド→車椅子は可能だが、車椅子→ベッドは不可能

:全ての工程が採点対象です、低い方で採点しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。