セラピストの「ちょっとのひと言」が患者さんに与える影響はもの凄い。

Black FridayEarly Birds

セラピストの患者さんへの言葉って大切。

  • 元気が出る!
  • 落ち込む…
  • 頑張ろう!
  • 悲しくなる…
  • ありがとう!
  • このやろう…

ちょっとした言葉が患者さんの気持ちに良い悪い影響を与えちゃう。

だから、一言一言に気を付けていきたいのです。

セラピストって「悪いところ」を見つける習慣がついている

セラピストは「問題点」を抽出することが得意です。

  • 大腿四頭筋の筋力が弱い
  • 膝関節の屈曲角度が足りない
  • バランス能力が低下している

 

この能力が長けているから、「この部分を強くするぞ!」とプログラム立案出来ます。

他の職種には持ってない能力だから、すげぇな!といつも思うのです。

 

でも、それがアダとなってしまうことがあります。

 

「(筋力はまだ足りない…)」

「(まだ癒着が残ってる…)」

「(以前よりは改善してるけど…)」

 

確かに患者さんの身体機能や能力が改善してる。

でも、まだ問題は解決していない…。

 

その結果…

「いや~まだ筋力が足りないですね!」

「あと、ひっかかりだけが残ってますね!」

「片足になった時のバランス以外はいいのですけどもね!」

 

せっかく改善しているのに、残っている問題点に着目してしまう。

その結果…なにも改善していないような言葉かけをしてしまうことがあります。

良くなってたら、良くなった!って言葉が良いですよね(*´ω`)

「良くなっていること」がしっかりと伝る言葉を送ろう!

さらに輪をかけて難しいのは、言葉の受け取り方は人それぞれということ。

次のツイートみたいなことは臨床でよく遭遇します。

私が臨床で患者さんに良くなったことを伝える際には、絶対に伝わるよう気を付けてます。

いくつかのポイントを例示していきます(*´ω`)

 

1.誰が聞いても分かるようにする

明確な言葉で表現することを心がけると伝わりやすいです。

  • 良くなった
  • 曲がるようになった
  • 強くなった
  • 歩けるようになった
  • 早くなった

このような言葉を選ぶと「あっ、そうか(*´ω`)」となってくれますよね。

 

一方で曖昧な言葉は避けるようにしています。

  • あとは膝の筋力ですね~
  • もう少しなんですけどね~
  • 歩けるようにはなってるんですけど~
  • 筋力はいいんですけど…
  • スピード以外は良くなってるんだけどなぁ…

たしかにそうかもしれない。

そうかもしれないけど、誤解を招いてがっかりさせてしまうのは良くないです。

 

2.良くなる前と比較する

明確に良くなったことを示しても、「??」となる患者さんもいますよね。

「良くなる=何かと比べて良い」というもの。

何と比べて良くなったかを伝えるようにします。

  • 先週と比べると、明らかに筋力がついていますよ!」
  • 「昨日と比べると変わらないですが、先月とは雲泥の差です!」
  • 「先週よりも可動域が15°増えています!
  • 「片足立ちの時間が5秒伸びています」

こんな風に変化していることを伝えると良いですね。

 

あと、患者さんに聞いてみる事も大事です。

  • 療法士:「先週よりも曲がってると思いますが、どう感じますか?」
  • 患者「いや~でもこれじゃあ家で正座出来ないし…」

これって比較の対象が違いますよね?

 

  • 療法士:先週の膝
  • 患者:フルに曲がる膝

これに気付けたら、会話を修正することが出来ます。

 

  • 療法士:「今は正座出来るくらい曲げることではなく、毎週毎週の曲がり具合を考えていきましょう!」

みたいな前提を作ることが出来ますよね。

 

3.ちょっとオーバーなリアクションで伝える

どれだけ言葉で伝えても、表情が伴っていないとダメです。

  • 笑顔
  • 嬉しそう
  • ちょっと声も大きくなって
  • あたかも自分のことのように

こういうものを入れていくことで、ちゃんと伝わるようになります。

実は表情や笑顔を作るのってトレーニングと習慣化が占める部分が多いので、後天的にどうにかなります。

 

私がプレゼンの大先生と仰いでいる下記の本の著者は笑顔の作り方が本当に上手。

今まで見た笑顔の中で一番素晴らしい口角の上がり具合でした、めちゃかっこよかったです。

表情や伝え方に関しては下記の本がおススメ、是非とも読んでみてください。

ちょっとの言葉を扱えるセラピストになろう!

患者さんへの言葉って、敬語に言及するものが多いですよね。

  • 敬語は良いの?
  • タメ語はダメなの?
  • 空気読みながらならいいの?

 

敬語問題から、もう少し深く掘り下げて考えていきましょう。

  • 言葉によって元気づける
  • 言葉によって意欲的になる
  • 言葉によって前向きになる

こんな言葉を使えるようになっていきましょう(*´ω`)

スポンサードリンク

         
Black FridayEarly Birds