理学・作業療法士が診療報酬について知っておくべき3つの理由

スポンサーリンク

あなたは診療報酬改訂を気にしていますか?

私たち療法士の売り上げは診療報酬に左右されますし、売り上げが変わるので給料に影響を及ぼします。でも、経営者でも院長でもない、普通の療法士が診療報酬を知って何の意味があるのでしょうか?

  • 結局、患者さんを治療するだけじゃん!
  • 結局、コストを取るだけじゃん!
  • 結局、18単位とるだけじゃん!
  • 結局、定期昇給じゃん!

こんな声が聞こえてきそうですね。

でもね、実は知っておくことはすごーーく大きなメリットがあるのです。この記事では診療報酬について知っておくべき3つの理由を紹介しますね。

1.あなたが管理職になるために必要

管理職にはマネジメントが必要!

役職もつかない療法士は、定年になったころには貧乏な療法士になってしまうことは目に見えています。定期昇給し続けて30年後…ちょっと明るいとは言えない未来が待っていそうな気がしますよね?

そこで、貧乏な療法士にならないためには、病院・施設勤務で管理職になる必要があります。当たり前ですよね、管理職になったら手当てがつきますし、その分退職金も多くなるわけですから。

しかし、ただ臨床を行っているだけでは管理職にはなれません。もし、なっても何にも仕事が出来ません。なぜなら、管理職には「マネジメント」という重大な仕事があるからです。

このマネジメントには次のようなものがあります。

  1. 職場の人間関係を円滑にする
  2. 他部署との連携を行う
  3. 収益が上がるように運営する

さて、この中で診療報酬を知らなければ出来ない仕事は何でしょうか?…もちろん『3』ですね。まともに仕事の出来る管理職になるには、診療報酬を理解しながら運営をしなければなりません。

今後、診療報酬がどのように変化するかを見極めながら次のような仕事をしていきます。

  • 加算の取れるように人員補充・配置する
  • 施設基準を満たせるように部下の能力を伸ばす

言葉にしてしまえば簡単ですが、実はこれがすごーっく難しいものです。若手のうちから診療報酬の流れと、上司の働き方を見ておくようにしましょう。

2.あなたが必要な人材になるために必要

得意分野でずば抜けているだけでは必要とされない!

あなたが臨床で働く療法士という枠組みで、必要な人材として雇われるためには何が必要でしょうか?

  • どんな研究も処理できる統計学の能力
  • すごくおしゃれなホームページが作れる能力
  • 介護ロボットを作るための能力

どれも療法士としては欲しい能力ですが、これらがあっても「別に…」と言われてしまいそうです。

必要な人材というのは、『素晴らしい能力をもった療法士のことではありません』。

『その職場に必要とされている能力を持っている療法士』のことです。

回復期リハビリテーション病棟であれば、施設基準を満たすためには、①高いFIM利得・②高い在宅復帰率…などが求められています。そのため、療法士には、次のような能力が求められます。

  • FIM利得→ADLを向上させることが出来る
  • 在宅復帰率→他職種と連携して在宅復帰をデザイン出来る

回復期リハで統計学・ホームページ・ロボット…も大切ですが、その前に持っておいて欲しい能力がありますよね。もちろん、急性期病棟、亜急性期病棟、療養病棟、デイケア、訪問リハ…それぞれの環境や職場特性によって求められるものが異なっていきます。

さてさて、このように「求められる能力」はどのように知ればいいでしょうか?

ここまで読んだ方はお分かりだと思いますが、やっぱり診療報酬なのです。診療報酬が施設基準や加算を示してくれるので、それらを満たすような能力をあらかじめ持っておくことが必要とされる人材になる条件ですね。

3.診療報酬の理解自体が強みになる!

診療報酬に興味の無い療法士が多い!

このように診療報酬はとっても大切なものですが、まだまだ療法士が興味をもって勉強を取り組んでる人は多くありません。となると、逆に勉強をしてしまって「あ、〇〇加算なら、こんな仕組みだよ」と語ることが出来れば、それだけであなたの強みになります。

筆者はたくさんの若手~中堅療法士が診療報酬情報をがっちりとつかんで、病院経営に入り込んでいる姿を見かけています。若手であっても経営に入り込めるのです、こんな強みってないですよね!もちろんこうなってくると、管理職コースも当然です!

世の中のリハビリ科ではマネジメント出来る中堅がいないと悩みの種になっています…。答えはもう、見えているのです!

おわりに

「まだ評価や治療も出来ないから…」と、診療報酬について勉強を進めていない療法士はたくさんいます。でもね、じゃあ、いつから診療報酬の勉強するのですか?治療技術が満足いったら…なんて、満足いくわけないですよ。世の中の達人たちですら、日々研鑽しているんだから。じゃあ、管理職になってから…では、管理職にそもそもなることが出来ません、遅いのです。

いつやるの、今でしょ!ですよ!

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!