【レビュー】そろそろ療法士として変わろうか…?あの一冊『療法士が変わるときに手にする本』を手にして。

スポンサーリンク

福島県いわき市…そこに、私の大好きなとある療法士がいます。

その方、すげぇ本を出版されました。

激おススメです。

療法士が変わるときに手にする本

これだ!

そう、医療介護領域におけるコーチングのスペシャリスト…鯨岡栄一郎先生です!

この度、書籍「療法士が変わるときに手にする本」が出版されましたー!パチパチパチ!

さっそく読ませていただきましたが、素晴らしい一冊でした。是非ともみんなに読んでいただきたいです。

療法士が変わるとき、私たちは自分を見つめなおす

さっそくですが、商品紹介を読んでみてください。

内容紹介

揺るがない医療介護専門職としての「自分軸」を培う書の決定版! 自己実現のために行動実践が不可欠なのは周知の事実ですが、その私たちの行動を躊躇させてしまう要因には、1自信がない 2モチベーションが上がらない 3続かない の3つが考えられます。

そこで、この書籍では、まずStep1で自己基盤を整えます。 Step2では広くコミュニケーションですが、言葉のやり取りに留まらず、とらえ方の変換や関係性の構築を目指します。 そしてStep3の実践編へと移ります。 さらにStep4ではチーム作り、Step5では自身に眠るリーダーシップを目覚めさせます。

この先、病院や施設においてコミュニケーション能力の優れた人材の育成はますます課題となるでしょう。 一人でも多くの人材が組織や地域に欠かせない『人財』と変わることを願い、執筆するに至りました。 まさに自分自身が「変わる」と決断したときに手にとる一冊。 ページを開けばいつでもすぐに動機づけてくれる、コーチのような存在になるに違いありません!

出版社からのコメント

教科書としても採用され、専門職必須のコミュニケーション・バイブルと言われた鯨岡先生の「医療・福祉職の現場で使えるコミュニケーション術実践講座」から6年。

待望の2作目が刊行されました。 もし今、仕事をしていて現状が停滞し、それを何とかして打破したい! と願う方は必読です。 コミュニケーションが円滑になることのみならず、周りからの信頼度を高め、人間的成長も促進させてくれることでしょう。 「毎日を変える、毎日が変わる」!

療法士が変わるときに手にする本:amazon商品紹介より

前作(医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座)よりもパワーアップしているとは噂に聞いていましたが、ガッツリとパワーアップしていました。

私の感じた特徴は三点。

  1. 圧倒的な参考資料
  2. 変わる事にコミット
  3. チェックシートで日常応用

それぞれ紹介していきます。

1.圧倒的な参考資料

療法士が触れる機会の少ないコーチングに関する書籍・文献やエピソードがたくさん盛り込まれています。

こんな感じ!(本書p32より)

このページではロバート・カッツ理論、文部科学省、経済同好会のエピソードを織り交ぜ、コミュニケーションの必要性を改めて説いています。

いやね、これって役立ちますよ。

コミュニケーションの大切さって自明すぎて、実は根拠を持って説明する機会がないんです。

そこで「あのね、ロバート・カッツ理論ではね!」と説明を加えることで一気に説得感アップです。

私はコミュニケーションに関する書籍や論文をいくつも読みましたが、知らないエピソードがたくさんあって驚きました。

これだけでもかなりの武器になりますよ…

そうそう、ぼくの好きなコンビニ人間にも触れててびっくりしました!どんな風に触れていたかは、是非とも読んで探してみてください。

2.変わることにコミット

前作(医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座)では幅広いコミュニケーションについて扱っていますが、今作では「自分」というものにかなり焦点を当てています。その結果、徹底的に自分のことを考えるように構成されています。

目次を見てみましょう。

step1:セルフイメージを高める

自分とのコミュニケーション / セルフイメージの基本姿勢 / 行動を躊躇させる要因 / セルイメージを高める15の流儀

step2:コミュニケーションの捉え方

心が通う人間関係 / 捉え方1:人間力アップ / 捉え方2:自分を魅せる / 捉え方3:自分を磨く / 捉え方4:本音を聴く / 捉え方5:学び続ける

step3:コミュニケーションの実践

実践法1:自信を持つ / 実践法2:伝える力 / 実践法3:調整力 / 実践法4:バランス

step4:輝くチームづくり

信頼関係&つきあい方の秘策

step5:時代が求める療法士の人間像

時代が求める療法士の人間像1:リーダーシップ / 時代が求める療法士の人間像2:総合力

check:コミュニケーションスキル チェック100

読んでいった感触としては、step1~3を丁寧に実践していけば、自分を見つめなおし、レベルアップするきっかけとしては最高だろうと。

ただ、読むだけで変わる事はできないでしょう。

全ての項目を日常の生活や仕事に当てはめて「自分は出来てるかな~!?」と確認していきましょう。

これを丁寧に行っていくことで、かなりのレベルアップが可能になると思います。

例えば…

『「自分なりに頑張ります」と話さない(本書p40)』では、ついつい言ってしまう言葉について触れています。

私はこの文章を読んで「あ~この前の飲み会でそういえば言っちゃったな~」と反省しました。 

このように、全ての項目を自分に当てはめて想像することで、この本の価値がグッと高まり、実力アップに直結すると考えます。

そうそう、特に私が気に入っているのが、章の最後についているまとめです。

これです(本書p30より)

全ての人にとって、全ての項目が取り組むべきものではないと思うのです。

読んで「あ、これは引っかかるなぁ!」と思ったものにはチェック!という機能がついています。

本書は読者のコミュニケーションについて項目ごとに振り返らせるような構成になっていますので、このような形式でまとめがあると非常に便利ですね。

3.チェックシートで日常応用

最終章のチェックシート。

これはこの本に書かれている全ての項目を列挙しているものです。

こんな感じです。(本書p168)

このチェックシートは本書を読んで、実践で応用し、しばらくしてから使ってみる事をおススメします。

例えば…

1.主体的である→あ~!こんなことが書いてたなぁ…実践出来てる出来てる、おっけ!

11.前向きな言葉使い→ん~そういえば忘れてた…もう一度意識してコミュニケーションしてみよう! 

みたいなかんじですね。

先述した章ごとのまとめは直後に、最後のチェックシートは読後しばらくしてから利用する。私はそれが良いかなぁと思います。

あと、このチェックシートで地味に嬉しいのは振り返るページが書いていることです。

例えば…

81:お互い様の心→ん?p137を読もう 

わざわざ目次見たり、ペラペラめくったり、けっこうな手間で振り返りを遠ざけるんですよね。

細やかな気配り…さすが!!!

公式通販サイトでは一足先に、なんとサイン付きで手に入る

さて、この一冊。

正式な販売は7/10なんです。

この記事を書いているのは7/1、すでに読み終わっております

そう、鯨岡栄一郎先生のメディケアソリューションでは、先行発売が行われているのです!

しかも……

☆スペシャル特典☆

・サインご希望の場合は、その旨個別にお申し付けください。

・3冊ご購入の場合は、セミナーDVD「ブレイクスルー・コミュニケーション」をプレゼントいたします!

公式通販サイトより

そりゃミーハーな私としては、サインを貰わないわけない!

貰わないわけない!

じゃじゃーん!

サインかっこえぇえええ!

か っ こ え え え え え え !

ということで、せっかく購入するなら、どこよりも早くて、サインも貰えちゃう、いやいや、三冊買ったらDVDも貰えちゃう公式サイトがおススメです。

療法士が変わるときに手にする本:公式販売ページはこちら

いや~あと五億回読みます!

おまけ話

実はこのブログのために定価の半額で販売していただけることになった、鯨岡先生のセミナーCD。

もう少しだけ手に入れることが出来ます。

こちらもおススメですので、是非ともどうぞ(*´ω`)

【特別価格】セミナーCD教材「ブレイクスルーコミュニケーション」:公式通販ページはこちら

そんじゃーね!

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!