リハビリ職に役立つコミュニケーションスキルのコーチングを知ろう

スポンサーリンク

患者さんの意欲を高めるコミュニケーションスキルについて考えると、真っ先に思い浮かべるのはコーチングではないでしょうか。

でも、コーチングについて調べてみると、なんだか難しそうなスキルな気がしてきます。

  • コーチングって自分には出来ない
  • 臨床場面で使えるのだろうか
  • どうやって勉強していいか分からない
  • そもそも何だ!?

そこでこの記事では、コーチングの概要・明日から使えるスキル・おすすめ書籍を紹介します。

コーチングとは

Tumisu / Pixabay

コーチングとは、平たく言うと「相手のやる気を引き出し、行動を促すコミュニケーションスキル」です。

悩んでいる人に、どんな行動をすればいいのかを教える…のではなく、どうすればいいのかを自分で発見させて、行動するように促します。

療法士がコーチングを知っておくと何故良いのでしょうか?

それは、リハビリ場面で、いくら療法士だけが頑張っても患者さんはなかなか良くならないことがあるからです。

  • 自主トレを頑張る
  • 療法士の組んだトレーニングに集中して取り組む
  • 生活の中で少し歩行してみる
  • 食生活や服薬を自己管理する

このような患者さんの努力があって、療法士の関わりが本当の効果として出てくるものなのです。(もちろん全ての場合に当てはまるわけではありませんよ。)

そこでコーチングが役に立つのです。

リハビリ職がコーチングを学ぶのにお勧めの一冊

sirindablog / Pixabay

といっても、コーチングの技術について調べていると基礎知識・技術を紹介しているものか、ビジネス場面で応用しているものを紹介しているものがほとんどです。どうやってリハビリ場面で応用しよう…と、悩むものです。

そこでお勧めしたいのが、この一冊。

著者の鯨岡栄一郎氏は、現役理学療法士でコーチングの技術を臨床応用した第一人者と呼ぶことが出来ます。心の放火魔とも呼ばれるほど、人のやる気を促す達人らしいのです。療法士でコミュニケーションを学ぶ人ならば、必ず一度は目にしていることでしょう。

さて、この書籍はコミュニケーション術やコーチング術を全く知らない人でも理解出来るように、非常に読みやすく分かりやすく書かれています。初学者の方に、特におすすめです。

ここからは、この書籍で書かれていることを引用しながら(そして私の私見を交えながら)コーチングを紹介していきます。

コーチングの基本

stux / Pixabay

コーチングは4つの基本的スキルによって構成されています。

  1. 傾聴
  2. 質問
  3. 承認
  4. 伝達

これらを少し見てみましょう。

1.傾聴

医療者が苦手なコミュニケーションが「傾聴」です。患者さんが何か訴えた時も、じっくりと話を聞けない・本音の部分までちゃんと引き出せない…こんな療法士が少なくありません。ついつい解決策やリハビリプログラムを遂行しちゃいますもんね。

鯨岡氏は著書において三つの傾聴方法を紹介しています。

  1. 共感
  2. 肯定
  3. 言葉のつなぎ

このなかでも、共感を示す傾聴の力というのは、とても大きいものです。ちょっとしたことでも「あ~そうですよね!」「なるほど~!」「それはつらいですね」といった言葉を使って、話を聞くことで「この療法士は分かってくれてるな」「この療法士とリハビリを頑張ってみよう」と思ってもらう事が出来ます。

あなたの進めたいプログラムがあっても、まずは患者さんの気持ちに共感して、受け止めて…そこから言葉を伝えなければいけません。

ちょっとした一言で信頼関係が築けるからやってみよう!ではなく、全ての療法士が共感を示すような聴き方が出来る。そんなリハビリ業界を作っていきたいなぁ~と私の野望です。

2.質問

コーチングの最も特徴的なものは、質問を通じて患者さんの行動を促していくことです。質問の力を最大限に活かすことが、療法士としてのコミュニケーション力をぐーんと高めることになります。

Tumisu / Pixabay

やる気を高める質問の仕方について、鯨岡氏は次のように述べています。

質問には相手の感情や思考、焦点の向く方向を変える力があります。(中略)…このため、質問の無い湯次第では相手の意識の方向性も明るい方、前向きな方、未来の方にも向けることが出来るわけです。

ちょっとの質問で人が前向きになって、頑張ろう!って思えて、実際に頑張ってくれたら最高ですよね。著書では下記のような声かけが例として挙げられています。

  • 退院したら、一番したいことは何ですか?
  • 人生で最も楽しんでいることは何ですか?
  • 最近の出来事で、わくわくすることは何ですか?

このような声かけによって、明るい未来を考えたり、楽しい生活を思い浮かべたりして、元気になってくるわけです。

といっても、いきなりこんな声かけを行っても「え、唐突に何!?」と思われてしまいます。私もコーチングまがいの声かけをトライしてみて、大失敗した経験が何度もあります。

そこで、まずはネガティブな声かけを使わないように意識すれば良いと私は考えています。

  • 歩行練習しないと、歩けないよ!?
  • なんで筋トレしなかったんですか?!
  • どうして一人でトイレに行ったのですか?!
  • こんなリハビリしてても、歩けないですよ!
  • もっと頑張らないと、家なんて到底帰れないですよ!

こんな責めるような言葉・ネガティブな言葉を避けるところから始めて、少しずつポジティブな言葉に変えていくと、日々の臨床に応用出来るようになってくると思います。

3.承認

承認とは、相手のことを認めて肯定することです。

Meditations / Pixabay

これってなかなか出来ないものです。療法士って人の悪いところ(心身機能や動作を、ね)を探すのが仕事、みたいな側面がありますから、認めて肯定することって苦手な生き物なんですよね。

で、これってすごい効果があるのです。

もしあなたが頑張って仕事をしたのに「なんでこれだけしか出来ないの!」と怒られたらシュン…と落ち込んでしまいますよね。一方で、頑張ったけど少ししか進まなかった仕事でも「ここまで出来たのか!頑張ったね!」と言われてたら「次も頑張ろう!」と思えるものです。

人は、誰しも「褒められたい」「認められたい」と思っているのです。(中略)人は自分を認めてくれる人、自分を分かってくれる人、自分に興味を持ってくれる人に好感を持つからです。

患者さんのリハビリ場面においても同様です。

  • 筋トレ、3キロの重錘が上がるようになりましたね!
  • 以前より歩くスピードが上がりましたね!
  • 頑張ってるのが伝わってきますよ!
  • 〇〇さんと一緒に居たら、ぼくまで元気になってきます!

こんな言葉で、患者さんの存在自体を承認することで患者さんのやる気を高めることが出来ます。これは臨床において使ってみても、患者さんに「変だな」と思われることありませんで、使いやすいです。

私はこんな言葉を私自身が元気に言うようにしています。元気な人から承認されたら、元気になっちゃいますもんね!

4.伝達

相手の強みを見つけ出して、伝える

kabaldesch0 / Pixabay

人は自分自身のことをそれほど分かっていません。悪い部分も良い部分も、なんかあんまり分かっていません。でも、他人から見てみると「え、あなたこんなに良いところあるよ!」という場合があります。つまり、自分も気付かない良い部分が人にはあるのです。これを伝達します。

このときに「Iメッセージ(あいめっせーじ)」が効果的だとされています。

ついつい人って「あなたはいつも元気でいいよね!」と『主語をあなた』にして話してしまうものなのです。これは使ってしまいがちなのですが、もっと効果的なのが『主語を私』にするIメッセージなのです。

「私、あなたがいつも元気で素敵だな!って思うの」

このように伝えることで「あ、心から思ってくれてるんだ!」と感じてもらえるようになります。会話の中で、こんなちょっとした工夫を盛り込むだけで良いのです。

これも私は実践していますが、ついついYOUメッセージになってしまうことが多いです。意識的に「Iメッセージにしよう!」と思いながら、日々発言に刷り込ませるようにしないといけないな~と反省する日々です。ちなみに効果はやっぱりあるので、これも是非とも使ってみたいところですね。

コーチングを患者さんに活かす

rawpixel / Pixabay

コーチングの基本で紹介した4つを是非とも臨床で意識してみましょう。

  • 相手の話をちゃんと傾聴して…
  • ネガティブな発言を避けて…
  • 患者さんの存在(取り組み)をしっかり認めて…
  • あなたの言葉で(良い部分を)伝達する!

最初はついついネガティブな発言や前向きになれない言葉を使えないのが療法士というものですが、コミュニケーションスキルをたくさん学んでいくと、段々とコーチングの技術が使えるようになってきます。

コミュニケーションスキルというとちょっと怪しい…と感じるかもしれませんが、あなたの周りのコミュニケーション上手な人を探してみてください。よくよく分析してみると、ここで紹介したコーチングスキルを無意識にしっかりと使えてたりするものです。

今回は鯨岡栄一郎氏の書籍を紹介しました。読みやすい一冊ですので、是非とも一度手に取ってみましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。