高次脳機能障害を学生や一般の人に説明する時に抜群の一冊はこの漫画だ!

キャプチャ

高次脳機能障害を説明するのって難しくないですか?

  • 記憶障害-もの忘れってどう違うの?
  • 集中して仕事が出来ないのはなぜだ?
  • 服が自分で着れない…どういうこと?

私たち療法士はたくさんの臨床経験から「これは失行だな」とか「これは注意障害だな」とか様々な考察が行えます。

でも、学生さんや一般の方であれば「んんん、分からない!」となるのは当然です。

そんな時に、誰でも分かりやすく気軽に勉強出来れば…そんな教材があれば…

そこで、漫画で高次脳機能障害のリアルな姿が学べる一冊を紹介します!

この一冊…療法士は知っておくべき…いや、マストなんだぜ!

スポンサードリンク

日々コウジ中

今回おススメするのはこの一冊(と言いながら二冊)!

さっそくアマゾンの紹介をご覧ください。

日々コウジ中

内容紹介

クモ膜下出血により、記憶障害、認知症、注意障害など様々な機能不全を抱えることとなったコウジさん。“高次脳機能障害”の夫との毎日を、妻の作者が描きます。

内容(「BOOK」データベースより)

見た目はなんともないのに、突然人が変わったように暴力をふるったり、無気力になったり、すぐに物忘れをしてしまう…もしかしたら高次脳機能障害かもしれません。この知られざる障害を抱えた夫と、リハビリを全力で支える家族との日々が赤裸々に、そしてちょっぴりユーモラスに描かれています。

著者について

柴本 礼(しばもと れい): 慶應義塾大学文学部卒業。イラストレーターとして活躍中。2004年に夫がくも膜下出血で倒れ、以降高次脳機能障害を患う。現在「高次脳機能障害者と家族の会」に所属。

amazonより

で、こちらが続編。

続・日々コウジ中

内容紹介

ある日突然、家族や友人が、「人が変わったように暴力をふるう」「誰かが促さないと何もしようとしない」「言われたことをすぐに忘れてしまう」―脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といった脳血管障害、脳炎や交通事故などで脳を損傷したあと、さまざまな問題を引き起こす“高次脳機能障害”。

本書は作者の夫がクモ膜下出血により高次脳機能障害となり、以来リハビリを続ける日々の生活を描きました。前作で夫のコウジさんが新聞やテレビで取り上がられ、”高次脳機能障害”が世間の注目を浴びることに。コウジさんとその家族の生活も少しずつ変わり、その後コウジさんの障害はどうなったのか?

話題を呼んだ感動コミックエッセイの続編です。

内容(「BOOK」データベースより)

見た目はなんともないのに、突然人が変わったように暴力をふるったり、無気力になったり、すぐに物忘れをしてしまう…高次脳機能障害の夫と暮らす日常を描いた『日々コウジ中』の続刊が出ました。ちょっぴりユーモラスなコウジさんが巻き起こすエピソードの数々は、すべて高次脳機能障害の真実の姿です。
amazonより

表紙からみても分かる通り、非常に親しみやすいイラストで高次脳機能障害のコウジさんの日々が綴られています。

  • クモ膜下出血になって
  • 入院生活を過ごして
  • 自宅復帰して
  • 職業訓練をして
  • 仕事復帰して
  • 講演会に呼ばれたり
  • 家族会にもさんかしたり…

これだけなら普通の一冊なのですが、日々コウジ中は一般の方でも気軽に読めて知識を付けれる工夫がたくさん盛り込まれています

  • 親しみやすいイラストで読みやすい
  • 家族目線で症状を詳しく解説
  • 社会資源の使い方や実際も紹介
  • 家族の気持ちや関わり方は赤裸々に

といったように、一般の方はもちろんのこと、医療職が読んでも「なるほど~!そんな風に説明すれば良いのか!」と勉強になることが盛りだくさんです。

実際この一冊を読んだことで、私の高次脳機能障害への理解も深まりました。

  • 家族さんってこんな風に感じてるんだ!
  • こんな風に説明すればいいんだ!
  • 職業訓練ってこんな雰囲気なんだ!
  • こんなコミュニケーションのとり方!
  • こう解釈すれば楽しく過ごせそう!

専門書ではないからと侮るなかれ!読めば絶対に療法士として糧になる一冊です(; ・`д・´)

なぜ、今、日々コウジ中?

さて、この本が発売されたのは2010年・2011年。

少し前ですよね?

それを何故、今、紹介するのか…

それは…1/29(昨日!)、公式ブログにて増刷決定の報告があったのです!(パチパチパチ~!)

『日々コウジ中』と『続・日々コウジ中』が、このたび増刷されることになりました!

アマゾンでは中古本しかなくて、欲しくても入手できなかった皆様には、ずっとご迷惑ご不便をおかけしてきましたが、これからはアマゾンでも新品を買えるようになりますし、アマゾンで売り切れでも書店で注文を受けてくれる場合もあります。(クレヨンハウスさんでは、これまで通り注文できます。)

書店に並ぶのは2月20日前後ですが、注文の方が確実です。

日々コウジ中より

ざーーっと読むだけなら中古本でも良いのですが、この『日々コウジ中』はずっと手元に置いておきたい一冊です。

出来れば新品でキレイな一冊を…と思うのは当然のこと!

これを機に我が家でも両方とも入手しようと思います(*´ω`)

気になる方は公式ブログも是非(*‘∀‘)

というわけで、増刷されたら、是非とも手にとってみてくださいね!

スポンサードリンク

         
キャプチャ