【フリクションボール】は2017年のマストバイアイテムだった!

StockSnap / Pixabay

2017年もそろそろ終わりますね。

あなたが今年一番お世話になったアイテムは何ですか?

私は色んな商品やサービスにお世話になりましたが、今年は圧倒的にフリクションボールでした。

他の追随を許さないほど…圧倒的にフリクションボール!

圧倒的にフリクションボールです!

スポンサードリンク

フリクションボールって何?

PILOTから発売されている文房具です。

ご存知かもしれませんが…消せるボールペンのことです。

特徴1 温度変化で筆跡が透明化!

温度変化によりインキを無色にする新開発の「フリクションインキ」を搭載した新発想のボールペン。「フリクションインキ」には消色温度が設定されているため、筆跡をボディ後部の専用ラバーで擦ることで生じる摩擦熱によりインキの色が無色に変わり、筆跡を消すことができます。(PILOTより)

なんでボールペンなのに消せるのかって、温度によってインクが無色になるんですよね。

で、消しゴム部分でゴシゴシと摩擦することでインクが無色=消えるって仕組み。

特徴2 消しカスが出ない。消し残りが少ない。

消しゴムで消す筆記具と異なり、摩擦熱により筆跡のインキを無色にするため、消しカスが出ません。また、鉛筆やシャープペンシルの消し跡に比べて消し残りが非常に少ないのも特長です。(PILOTより)

摩擦熱で消すから、ゴミが出ない。めちゃ便利。

専用ラバーはペンのお尻の部分についているから、わざわざ消しゴムに持ち変える必要がない。

そして何より、無限に消せる。消しゴムなら無くなっちゃうし、カドを大事にしたり…気を遣うこともありません!

特徴3 何度でも書き消し可能です。

インキ消去液などの化学式と異なり、消した箇所での繰り返し筆記が可能です。(PILOTより)

後述するのですが、書いて消しての作業をすることにずば抜けて向いているフリクション。

何回も同じ場所に書けるから紙の中で思考を展開出来る。

これまた非常に便利。

ただ注意点として、筆跡が残っているとその場所には若干書きにくくなります。

私が実際に使用しているのはこの2本のフリクションだ!

私が実際に使っているのはこの2本。

黒フリクション

いわゆる普通のボールペンタイプ。

私は0.5mmが好きなので、超愛用しています。

ちなみに替え芯も常備しています。

赤カラーペン

黒とセットで欲しいのは赤ペン。

蛍光ペンと迷ったのですが、書き心地を比較したところカラーペンに辿り着きました。

100円という手軽さも購入の決め手(アマゾンならもう一つ安い!)

 

どこに行くにもこの2本と一緒です。

奥さんよりも長い時間を過ごしています。

フリクションは他にもたくさん種類がある!

で、実はフリクションって色んな種類が出てるのです。

せっかくなので紹介(*´ω`)

気になる商品があれば、ポチってね(*‘∀‘)

色フリクション

ボールペンと言えば三色・四色ボールペンですよね。

フリクションにももちろん色付きがあります。

迷ったら四色ボールペン買っておけば、まずは問題なし!

 
蛍光ペン

ノートや教科書なんかで使う時には蛍光ペン。

フリクションってどうも価格が高いイメージを持っていたのですが、むしろ安いですよね。

思考を整理する時にはたくさんの色を使う事が必要な場面もあります。

蛍光ペンは何色か持っておくのがベターですね(*´ω`)

 
色鉛筆

文房具屋で見ていて驚いたのです。

色鉛筆まで消せちゃう!

色鉛筆って消しゴムでは消しにくいので、実はめっちゃ需要ある!とかね。

普通のペンなら全てフリクションがあるよ!って感じですね。

フリクション、こんな感じで使ってます。

先日、初めての質的研究を発表してきました。

【活動報告】保健医療学学会第8回学術大会で初めての質的研究を口頭発表してきました!

2017.12.10

その中で、思考を深めていくために書いては消して書いては消しての作業がどうしても必要になっていたのです。(結果・考察を図にしたかったのですけど、あーでもない、こーでもないとか考えるのです。)

普通のボールペンだと消せないからぐちゃぐちゃになってしまうし、シャーペンや鉛筆だと上手く消せない…そんなときにフリクションが大活躍でした。

結果的には1ページを二億回くらい書いたり消したりして、結果として思考がまとまっていきました。(図は没にはなったけど!)

 

で、私がフリクションを使うのにおススメするのは

  • 文章を図示する時
  • 良い文章が思い浮かばなくて悩んでいる時
  • 書きながら思考をまとめたい時

です!

 

めっちゃ大活躍したフリクション。

もし気になったら、この記事から商品リンクを貼っているから、ポチってアマゾンで買ってみてくださいね(*´ω`)

スポンサードリンク

         
StockSnap / Pixabay