NST専門療法士になる方法

スポンサーリンク

NST専門療法士(栄養サポートチーム専門療法士)は一般社団法人日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)の認める認定資格制度です。最近では、リハ領域でもリハ栄養として知識が求められているため、NST専門療法士に対する関心が高まってきました。この記事ではNST専門療法士になるための条件などを紹介します。

NST専門療法士とは

患者の栄養管理を行う事に特化した専門家です。

患者の栄養状態は怪我、手術、入院長期化などの影響により、しっかりと管理しなければ低栄養などの問題に結びついてしまいます。NST専門療法士になれば、栄養計画立案~退院後のフォローまでを行えるようになります。

これはJSPENによる認定資格ですが、H22の診療報酬改定によって施設基準が新設された結果、加算が認められるようになりました。チームとして栄養管理し、カンファレンスを実施する等を満たせば施設基準を満たすことが出来ます。栄養に対する関心の高まりを考えると、早めに取得しておくことは大きなメリットになると考えられています。

認定条件

JSPENに入会の後、5つの条件を満たすことで認定されます。

①理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの有国家資格者

②5年以上、医療・福祉施設に勤務し、栄養サポートに従事

③学会・セミナーで30単位以上の取得

④認定教育施設で40時間以上の実習を修了

⑤認定試験に合格

学会・セミナー

NST専門療法士の取得には、合計30単位以上が必要です(内、JSPEN学会10単位、JSPENセミナー10単位が必須)。

2017年のスケジュールは下記のようになっています。

JSPENセミナー

  • 岡山:2/24~25(1000名)
  • 東京:5/20~21(450名)
  • 東京:6/24~25(400名)
  • 大阪:9/16~17(250名)

*いずれのセミナーも取得単位が大きいため、大変人気です。参加を考えている場合には募集開始からすぐに応募した方が良いでしょう。

JSPEN学会

  • 岡山:2/23~24

*セミナーと同時受講で割引サービスもあり。

認定試験

試験は例年7~8月に申し込み期間となり、11月に実施されます。

認定料は20000円、手数料10000円となっています。

リハ職がNSTを取得する前に読んでおきたい書籍

:基本的な栄養に関する知識から、リハ栄養で役立つ症例紹介までを網羅しています。リハ栄養って何よ?なんて初学者にもおすすめの一冊です。

:こちらもリハ栄養について分かりやすく書いてあります。表紙の段階で分かりやすそうな雰囲気を出していて、好感が持てます。

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!