オンラインサロンからオフライン、実は消費する対象ではないんです。

スポンサーリンク

どうも、ミスターオンラインです。

オンラインとオフラインの境目が分からなくなってきています。

その結果、オンラインサロン三つに所属しております。

いやはや、それにしてもオンラインサロンってマジで有益。

今日はそれぞれに所属するメンバーが集う会が大阪でありまして、その報告をします。

オンラインからオフラインへ

大阪+滋賀+長野のサロンメンバーが集結。飲みすぎました…。

オンラインサロンとはどう活かすべきなのか

少し話は変わります。

オンラインサロンの活用方法については、るってぃさんの記事が一番ズバズバと響きます。まずは読んでくれ~!俺ならヤるサロンをこう利用し、最短最速で稼ぐ【オンラインサロンの使い方】

というわけで(読んだよね?)、オンラインサロンを利用してレベルアップすることが一番なわけです。

学校の授業感覚で受動的にオンラインサロンへ参加すると、痛い目にあいます。

「オンラインサロンで学ぶ事なんてないぜ!」とかツイを見ましたが、当然です。

消費する対象ではないんですから。

消費から生産へ、学びは次のステージ

昔は消費するコンテンツが当然とされていました。

  • 受動的に読む
  • 受動的に聞く
  • 受動的に見る

ってこと。

いまの効果的な学びは生産です。

学習ピラミッドってやつですね。

聞くより伝えることの方が学びの定着が強いんです。

だから、

  • 自分で考えて
  • 行動に起こして
  • ダメなら修正する

って能力が求められています、

そんな中、オンラインサロンは、一定の価値観を共有できるメンバーがたくさんいて、トライ出来る場所です。

おおお!有名な人がいるから面白そうだ!何を教えてくれるんだろう!?って人は、大体見当違いなんです。

自分が何を出来るか考えるようになってくる

昨日のオフ会では、コミュセラに所属するメンバーと話す機会がありました。

  • どうやったらおもしろくなるかな?
  • 何かもっと出来るんじゃないかな?
  • あのコンテンツはもっと掘った方が良かった!

などなど、建設的な意見交換がたくさんできました。

日々の仕事の中では自分が主導して物事を進めること、ありそうでないんですよね。

でも、サロンではそれが出来ちゃう。

サロン内で価値観を共有しているから、オフラインでもガンガン意見が出てくるんだ!と感動しました。

こういうことにおもしろさを感じる人、そういう部分を高めたい人とサロンを一緒にやりたいな~と思うのです。

今後はどんどんオンラインが便利になってきて、オフラインで会う機会は減ってきます。それだけに濃密で濃厚な時間を創出しなければいません。オンライン→オフラインに慣れることって、今実感している以上に大切になってくるんだろうなぁ。

コミュセラ(コミュニケーションに関するサロン)

リハビリコネクト(訪問リハに関するサロン)

関連した記事はこちら:これからは大量のコンテンツで消耗しない力を身に付けること、マジで必要。

にしても楽しかった!そんじゃねー!

スポンサーリンク