もう悩まない!あなたのパワーポイントをすっきりさせる3つのポイント!

スポンサーリンク

あなたのパワーポイント資料は見やすいでしょうか?「ごちゃごちゃして分かりづらい」「なんだか見にくい」「何が言いたいか分からない」なんて言われた事はないでしょうか?そんなあなたのパワーポイントをすっきり見せるための3つのポイントを紹介します。

1.ルールを作る

スライドの中にルールを作ってみましょう。「はじめに・方法・結果・考察」といった項目の部分は「フォント28ポイント、青バックに白文字で左上に!」「所属機関は一番下中央にフォント18ポイント、少し灰色の文字で!」という具合です。下図のようなイメージで作ってみましょう(本文は無視してくださいね)。

gaito

2.文字を入れすぎない

一枚のスライドに大量の文字が入っていると、逆に情報量が過多になってしまい何が言いたいのか理解出来なくなってしまいます。学会発表において一枚のスライドで喋る時間は一分と相場が決まっています。その一行に処理できる文字数は「15文字」以内であると考えられています。長々と文章で書かずに、「単語+単語+単語」といったレベルで記載するようにしましょう出来るだけ行数も少なく、多くても5行程度に留めるのが良いでしょう。

このとき、異なるメッセージを3つ入れてしまうのは避けた方が良いでしょう。一つのスライドに込めるメッセージは一つに留めましょう。

3.図で表現しよう

となると、文字で表現することは実は伝わりにくい事が分かってきます。スライドでは出来るだけ図示すると、パッと視覚的に理解出来るため、聴衆からの理解を得れるようになります。とはいえ、パソコンで絵を描いてそれを載せる…というのは難しいです。図示というのは何もイラストではありません。表・箇条書き・グルーピング・矢印の利用などが図示になります。下の画像を参照してみてください。

ff

すでに先のスライドで項目化してしまったのですが、文章で書いている場合にはこのように項目として書いてしまった方が理解できるでしょう。

fwf

さらにこのようにグルーピングすると簡単に話の構造が理解できるようになります。実はこんなことが説明したかったんだ!と先までの2枚のスライドでは理解できなかったでしょう。

おわりに

現状ではまだまだ見づらいスライドになっていますが、この原則を守ることで見やすいスライドを作ることが出来ます。スライドをすっきりさせたいときには、まずこの原則立ち返って作るようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。