セラピストが上手なプレゼンを行う3つのメリット

スポンサーリンク

あなたは学会発表・勉強会などでプレゼンをした事があるでしょうか?で、そのプレゼン…分かりやすいですか?もしあなたが下手で伝わらないプレゼンをしていたなら「あぁ~この人、残念なプレゼンだな…時間の無駄無駄!」と思われてしまいます。せっかく一生懸命に時間を使って資料作成したのに、原稿を作ったのに…むしろあなたの評判を落としてしまっているのです。そこで、この記事では、セラピストが上手なプレゼンを行う事で得られるメリットについて紹介します。

1.伝えたい事を正しく伝える

あなたが伝えたいことが「100」あるとして、あなたのこれまでの発表はどれくらい伝わっているでしょうか?「80」ですか?「50」ですか?「30」ですか?

学校の授業でずっと教科書を読み続ける先生がいたでしょう、まるでお経のような。そんな授業の何を覚えていますか?「何だかお経みたいで眠たかったなぁ…」と何も覚えていないものです。きっとその先生の授業は「0」なんです。

あなたがどれだけ上手なプレゼンを行っても「100」にすることは難しいでしょう。しかしプレゼンのトレーニングをすることで「30→50」「50→70」と高める事は可能です。伝えたい事を正しく伝えるためには、しっかりプレゼン能力を高める必要があるのです。

2.あなたの実力を正しく伝える

分かりやすいプレゼンをしないと、あなたの思考を伝える事が出来ません。それどころか「この人、頭の中ぐちゃぐちゃになってて…ダメだなぁ」と思われてしまうのです。その時点であなたがどんな知識や技術があったとしても「あなた=ダメな人」と思われてしまうのです。あなたが伝えたい事を正しく伝える事が出来れば、あなたの実力も正しく伝わります。

授業がめっちゃ下手でくだらない先生だと思っていたのに、臨床に出て噂を聞くと「○○先生から教わってたの!?うらやましい!」なんて事態になったことがないでしょうか?こんな先生はまさしくプレゼンで損をしてしまっているパターンですね。

3.未来に繋がる

あなたが上手なプレゼンを行えば、聴いた人間の心に突き刺さります。すると、聴衆から様々な声が聞こえるようになります。「もっとこのように取り組めば、さらに良い思考が出来る!」「この知識を入れれば、ステップアップ出来るよ」こんな風にアドバイスをたくさんもらえるでしょう。また「一緒に勉強しようよ!」「今度一緒に学会発表してみない?」なんて嬉しい声掛けをもらえるかもしれません。

もちろん下手なプレゼンではこんなことにはなりません。「○○についてもう一度教えていただいていいですか?」「○○について説明がなかったのですが、どのように考えていますか?」と建設的な議論にならず、せっかく発表したのに何だか損をした気分になってしまいます。これはなんとしても避けたいですね。

おわりに

プレゼンとは喋り方、身振り手振り、話の構成、パワーポイント…これらの要素が全てレベルアップすることによって上手になります。是非とも、それぞれの要素を勉強して、トレーニングして、プレゼン上手になってくださいね。

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!