セミナーレポート【2018年5月25日:脳卒中片麻痺患者の寝返りの動作分析】

スポンサーリンク

本日は脳卒中患者さんの寝返り動作について、関西リハビリテーション病院の大場先生をお招きしての主催セミナー。

なかなか勉強する機会のない寝返りですので、なるほど!が連発!

にしても、大場先生の講義…回数重ねるごとに、レベルアップしている…!

寝返りの実技・理論をお届け

大場先生にはこれまで以上に実技たっぷりで講義していただきました。

お恥ずかしい話ですが…私自身が寝返りについてしっかりと学んだことがありません。

経験的に「ここを触れば…」「こういう風に誘導すれば…」と知っている部分はありましたが、講義ではそれを理論的に解説していただきました。

「なるほど!それで寝返りやすかったんだ!」と、主催者かつ受講生の私が一番興奮する…といういつもの展開で幕を下ろしましたwww

いくつかのポイントを箇条書きで

  • 頭部の重さをチェックして緩めたり促したりしよう!
  • 肩甲骨がきれいに前方突出するのか見てみよう!
  • 前鋸筋だけじゃなくて他の筋にも要注意!
  • 下側にくる肩甲帯の動きも実は重要なので見ておこう!
  • 肋骨の可動性やアライメントが実は回旋に影響するぞ!

ごく一部ですが、このあたりの実技が非常に印象的でした。

治療デモをしてもらうと「うわ~ほんまや!」という場面がたくさん。

今後の臨床でも活かしていきます(*´ω`)

これからのセミナー予定

マイペース運営のセミナーですが、今後も開催していきます。

まず…今回のセミナーの続編を開催。

  • 7月末:起き上がりセミナー / 大場先生

そして…半年かけてシリーズものを開催。

  • 7月~12月の第二月曜日:ピラティスの日 / 門田先生

を予定しております(*´ω`)

詳細は決まり次第お届けします!

スポンサーリンク