「リハたいむゼリー」は患者さんの筋力増強に役立つぞ!

スポンサーリンク

患者さんの筋力増強を効果的に行うためには、適切なタイミングで適切な量の栄養補給を行う必要があります。

そこで、若い人がトレーニングにプロテインを併用するように、患者さんもリハビリによる筋力増強のために栄養補助食品が利用されています。

そんな中、今最もお勧めするのは「リハたいむゼリー」と呼ばれる商品です。

この記事では「リハたいむゼリー」の特徴や、お勧めできる理由を紹介します。

「リハたいむゼリー」とは

クリニコから「リハビリ応援飲料」として発売されている栄養補助食品です。

リハビリ後の栄養補給においしく飲めて(しかも片手!)、筋力増強に役立つ栄養素がたっぷり含まれています。見た目は下のような感じで、マスカット味・もも味の二種類があります。

リハたいむゼリー マスカット味 120g 0650291 (クリニコ) (食品・健康食品)

 

リハたいむゼリーの最も特徴的な部分を示す表パッケージには下記のように書かれています。

  • たんぱく質:10g
  • ビタミンD:800UI
  • BCAA:2500mg
  • ロイシン:1400mg

ここで最も注目して見たいのが『BCAA:2500mg』というところです。後述するので、覚えておいてください。これが筋力増強に役立つ成分と言われているものです。

ちなみに、製品裏の品質表示には栄養成分が1袋120g当たり下記のように書かれています。

  • 熱量:100kcal
  • 蛋白質:10g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:15g
  • ナトリウム:4mg
  • ビタミンD:20ug
  • ロイシン:1400mg
  • イソロイシン:600mg
  • バリン:500mg
  • 灰分:0.2g
  • 水分:94.8g

筆者が勤める病院では、「おいしい!」と低栄養の患者さんで(喫食率が低い人でも)、食間で飲んでくれるのでエネルギー補給・水分補給として利用している場合もあります。

BCAAを目的としなくても、おいしく食べれてお勧めの栄養補助食品ですね。

配合されているBCAAとは!?

アミノ酸を覚えてますか?

3dman_eu / Pixabay

筋肉・骨・肌・ホルモンetc…人を構成すると言っても過言ではない栄養素です。このアミノ酸は20種類あり、体内で生成出来ず食事から摂取する必要のある9種類の「必須アミノ酸」と、体内で生成可能な11種類の「非必須アミノ酸」があります。

さて、筋肉を作り・壊れにくくするために必要なアミノ酸は、必須アミノ酸である『バリン』『ロイシン』『イソロイシン』の3つのアミノ酸です。これを総称してBCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)と呼びます。

ちなみに、BCAAの中でも『ロイシン』は、特に筋肉を作り出すのに重要なアミノ酸とされています。なので、表パッケージに「BCAAとロイシン」がわざわざ強調して書かれているのですね。

大塚製薬の研究では2000mg以上の摂取で血中BCAAの濃度が確実に増加すると報告されています。スポーツ選手であっても2000~4000mgが必要とも言われています。リハたいむゼリーには『BCAAが2500㎎』入っているので、リハビリを行っている患者さんの筋力増強には十分量入っているのですね!

ちなみに「そんな効果があるなら、二本か三本飲もう!」と思うかもしれませんが、過剰摂取しても筋トレ効果が高まるわけではない…という先行研究があります。やはり「適量」は大切ですね。

推奨される摂取時間、タイミング

リハビリ後30分以内に摂取が推奨!

steinchen / Pixabay

一般的な筋トレにおける栄養補給の「ゴールデンタイム」は、「トレーニング後30分以内」と言われています。ゴールドジムに通っている人は、きっとトレーニング後のプロテインはその時間内に摂取しているのでしょうね。

なので、患者さんにおいてもリハビリ後に摂取してもらうように促しましょう。おいしくてジュース感覚で飲めるからといって「三時のおやつ」「食後のデザート」なんて飲み方ではいけません。

病院などで提供される栄養補助食品は、「食事と同じタイミングで」「食間の決まった時間に」などに提供されている場合が少なくないようです。

筆者の勤めている病院では、セラピストが直接患者さんに摂取を促すように、リハ室でのリハたいむゼリーの管理を行っております。せっかくBCAAが多く含まれていて役立つ一品なので、少しでも有効に運用していきたいですね。

肝心の味はどう?

けっこうおいしい!

congerdesign / Pixabay

従来の栄養補助食品でBCAAが豊富なものは、どれも味の問題から、飲んでもらえないという問題がありました。BCAAとは、ざらざらとして舌触りが悪く、すごーく苦いのです、仕方なかったのです。

しかし、リハたいむゼリーは味がすごーくおいしいのです。普通のゼリーおやつのような感覚で食べる事が出来ます。

リハ豆も数回試飲したことがありますが、おいしくて「もうちょっと飲ませて!」という気持ちになりました。実際、飲んでいる患者さんに聞いてみても「おいしくて好き!」という方がたくさんいます。ほんとおいしいのです。

おわりに

筋力増強に役立つ…といって、リハたいむゼリーだけを飲んでおけば十分だ!なんてことはありません。もし低栄養状態でBCAAを摂取しても、筋蛋白の合成に利用されず、リハビリに伴う消費カロリーに使われてしまいます。

栄養を考えて作られた食事をきちっと食べて、その上でリハたいむゼリーを摂取する事が必要です。

まずは自分で買ってみて、実際に飲んでみてはいかがでしょうか?アマゾンでも購入可能ですよ!

職場のみんなで!と思う場合には思い切って24袋入りを買ってみましょう!

まずは一人で飲んでみよう…なら、1袋買ってみましょう!

追記:新しい味「はちみつレモン味」が発売されたぞ!

最近になって新しい味が追加されています!

リハ豆も発売と同時に試飲させていただきました!

はっきり言って…

桃とマスカットより美味い!!

さすが(?)練りに練って発売された新商品だけあって、以前よりもはるかに飲みやすくおいしい味に仕上がっていました。BCAA特有のざらざら感がさらに減っているような味であり、これまで苦手だった人でも飲んでみる価値はありそうです。

私の勤める病院では桃とマスカットが交互に毎日出てくるのですが、さすがに2種類しかないので飽きてきてしまう患者さんがいます。クリミールは何種類もあるから、飽きないみたいですが。そんな飽きちゃう事情にも一石を投じるおいしい新味ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。