患者さんを触る時、正座ですよ。まさか、あぐらかいてないですよね?

スポンサーリンク

患者さんを触る時に正座が良いよ!

とツイートしたら、反響たくさん。

正座、おススメです。

正座しないと上手くならない、は本当だった

今で10年くらい臨床しているんですが、正座が良いのはマジですね。

  • 身体がブレない
  • ハンドリングしやすい
  • 感覚が研ぎ澄まされる
  • 気持ちが引き締まる
  • 見た目がいい感じ

たま~に、あぐらかいて臨床してみることがあるんですが、全然ダメ。

すぐに正座に戻しちゃいます。

たま~に、あぐらかいて臨床している人を見ますが、止めた方がよいですよ。

正座した方が良いですよ。

みんなも正座が大切と思っていた

やっぱそうなんだ!

正座大切と思っていたんだ!

だよね!

正座良いよね!

正座が良いよ!って案外教えてくれないもの

学生さんや新人療法士さんで、ずっとあぐらかいてる人いますよね。

あれって、あぐらがダメって認識もないし、正座が良いって教えてもらったことない人がほとんどなんですよね。

ぼくは人の臨床などにヤンヤン口出ししないタイプですが、どうしてもあぐらだけはダメ。

生理的にダメ、見てらんない。

口出ししちゃう。

「正座しないと、上手くならんで~」と。

ダラダラ療法士はそのままあぐらかいていれば良いと思うのですが、向上心モリモリの療法士には是非とも教えてあげてくださいね。

私の膝はいつまで正座に耐えれるのか問題

最後に問題提起…

私、けっこう臨床が好きなのです。

なので、少しでも臨床を長くやりたいな~とか思うのです。

100年時代とか定年65歳とか言います。

私がもっとおじさんになったとき、膝は耐えれるのだろうか…。

もっとおじさんになったとき、このブログは誰も見ていないと思いますが、正座報告させていただきます。

その時まで…末永く…当ブログをよろしくお願いいたします。

↑最後はこういうの使うはず。

そんじゃーね!

スポンサーリンク