今の療法士に大事なのって自分の「軸」を作るための、セルフコミュニケーションだよね!って感じるんだ。

スポンサーリンク

最近、自分の生き方・働き方について考える機会がたくさんだったのです。

で、色々と考えて考え続けた結果…

「やっぱり自分がどう生きたいか・働きたいかじゃね?」と思ってきたのです。

療法士として生きて、働くと、どんな形でも絶対に不安が出てくる

理学療法士って病院で安泰で。というイメージが昔はありましたよね。

でも、診療報酬や療法士過剰供給問題などについて知っていくと、どうやら違う。

こういう問題に対して

  • リハビリ職はオワタ!
  • 稼げるようにしろ!
  • 診療報酬上げろ!
  • 養成校潰せ!

なんてネガティブなことを言う人がいます。まぁ見方によってはそうですよね。

確かに、色んな情勢を考えると「リハビリ職の国家資格を持っているだけで働いてる」と、不安は無くならないわけです。

様々な情報に惑わされないように生きなければならない

そのうちに療法士300万円時代に突入して、仕事の内容も変化して、「あれ?違うぞ?」とかなってくるわけですよ。

で、みんな回避したいから、色んな情報収集する。

  • 副業だ!
  • いや、複業だ!
  • ブログでお小遣い稼ぎだ!
  • 仮想通貨ってヤバくね?
  • いやいや、認定療法士でキャリアアップ!
  • ちょい、認定なんてオワコンだろ!
  • シンギュラリティだぜ!(関係ない)

こんな情報ってたくさん流れていて、みんな「ふむふむ」と思うわけです。

それが「なるほどー!やってみよう!」と、建設的に作用すれば良いのですが、そうでない人もいる。情報収集するとパニックになったり、逆に不安が強くなったりする場合もありますよね。特に不安から情報収集を開始した時は、振り回されがち、惑わされがち。

細川さんのツイートが私の意図と合っているかは分かりませんが、これはつらいですよね。

自分の生き方や働き方が正しいかどうかは、あなたの「軸」によって決まる

で、こんなことを考えるわけです。

結局、環境ではないのですよ。

どこに行っても環境が一長一短なこの時代において、大事なのは「自分がどう生きたいか・働きたいか」なんですよね。

そういう、あなたの軸、です。

そこで鯨岡先生と西野さんのツイート。

ってわけですよ。

そして私。

あなたの軸を形成していくために、セルフコミュニケーション

二人のツイートでも分かりますが、大事なのはセルフコミュニケーションです。

セルフコミュニケーションとは

明確な定義はありませんが、言葉そのまま「自分とのコミュニケーション」です。

すごーく単純に考えると…

  • 自分が何をしたいのか
  • 自分がどう生きたいのか
  • 自分が何を楽しいのか

このようなことを自分自身とコミュニケーションして、向き合って考えることです。

自分自身と話し合って…

  • おれはこんな風に生きたいんだ!
  • おれはこんな活動がしたいんだ!
  • おれはあれが嫌いなんだ!
  • おれはあれは苦しいんだ!

そんなことをしっかりと見つけていくと、少しずつ軸が出来てくるわけです。

自分だけでは分からないから、環境、圧倒的に環境です

ただ、自分自身と一生懸命に話し合っていても、なかなか分かりません。

分からないからこそ、環境です。

あなたらしさって、他者との違いによって少しずつ分かってきます。

  • あ、自分って●●が得意なんだ!
  • え、自分って✕✕が苦手なんだ!
  • ほぉ、自分って◎◎が好きなんだ!

こういうものって、他者の価値観や思考とすり合わせることで少しずつ見えてきます。

見えてくると、段々とセルフコミュニケーションしやすくなってきます。

  • おれ、やっぱり、●●が得意なのかな…どう思う?おれ?
  • ✕✕が苦手っぽいや、本当かな、おれ?
  • ◎◎が好きな人っておれくらい、どうかな?

セルフコミュニケーションしていくためにも、環境を上手く使っていくべきなんです。

考えておきたいレッドオーシャンとブルーオーシャン

Anemone123 / Pixabay

当然なのですが、好きや得意だけで突き進むのはちょっと考えものです。

レッドオーシャン・ブルーオーシャンという考え方があります。

レッドオーシャン:「激戦市場」です。ライバルとの激しい戦いが存在するマーケット・市場で、コモディティ化(一般化)してしまったプロダクトの「同質的差別化」を繰り返している”血まみれの戦い”ということ。価格競争にも陥りやすく、値下げ競争が多い市場であるため、低利益が特徴です。

ブルーオーシャン:「不戦市場」です。レッドオーシャンとは違って、ライバルがいない、または少ないマーケット・市場で、付加価値の高いプロダクトが存在し、また高利益であることも特徴です。が、ブルーオーシャンであっても時が経てば、ライバル新規参入によりレッドオーシャン化してしまうことも予想されます。

ブログ:ブルーオーシャンとレッドオーシャンとブラックオーシャンより

例えば、「脳卒中のリハビリ」が得意!という分野で戦っていこうと思っても、どうにもこうにも難しいわけです。

でも、「肛門のリハビリ」が得意!ということで戦っていこうとすると、おそらくあっという間に有名人になるから、すぐに活躍出来るわけです(多分)。

このように、「やりたいこと=〇〇オーシャン」という考え方も持ちながら、セルフコミュニケーションをとっていきたいですよね。

これからの療法士にはセルフコミュニケーションは必須なのだ

というわけで、これからますます迷子になりそうな療法士業界。

そんな中でも自信を持って、かつ、楽しく、かつ、いきいきと働いていくためには…

私はこう生きたい!

という強い気持ちが必要だと思います。

セルフコミュニケーション、していこうぜ!

セルフコミュニケーションに特化したプロジェクトが始動します

というわけで「自己を理解し、伝える」に特化したプロジェクトを始動させます。

控えめに言っても凄すぎるプロジェクトです…読んでみてください!

スポンサーリンク

1 個のコメント