セミナー情報

グラフィックス1

セラピストの知識・技術はコミュニケーション能力を掛け合わせることで大きな力を発揮します。それは、療法士と患者が良質なコミュニケーションを行う事で、下記のような効果が期待されているからです。

  • 自主トレーニングを積極的に行い、機能改善をより早く図れる
  • 服薬や生活管理を行い、疾病そのものの治癒に向かわせる
  • 療法士からの指示や注意点をしっかりと聞き、効果的な運動学習が図れる
  • 意欲が向上する事で、前向きにリハビリテーションに取り組むことが出来る

グラフィックス2

PT-communicationsでは、臨床に役立つ「コミュニケーションのノウハウ」を絡めた、こだわったセミナーを開催しています。

開催予定のセミナー

2018年10月25日(木):スポーツ現場で行われているコンディショニングの実際~競泳現場を例に~

2018年7~12月(第2月曜):ピラティスの日~ゼロから学び、経験する「身体を知って、整える」~

過去のセミナー

2018年7月27日(金):脳卒中患者の起き上がりセミナー~実は深い起き上がり~

2018年5月25日:脳卒中片麻痺患者の寝返りの動作分析

2018年4月28日:働くを知ろう!初めての就労支援、丸わかりセミナー

2018年4月27日:脳卒中患者の円滑な歩行獲得に向けた運動療法 ~立脚中期・立脚後期に着目した評価・介入の実際~

2018年2月14日:初学者でも安心!「パワーポイントでプレゼンテーション」セミナー!

2018年1月19日(金):在宅で本当に役立つ歩行能力の再建~回復期と在宅、2つの視点から~

hgkhlo

2017年12月18日(月):初学者向け!超少人数制で徹底実技!インナーマッスルを正しく賦活させる運動療法の実践!

Eid Mubarak (1)

2017年11月17日(金):歩行立脚期に対する評価・介入の実際~基礎知識からセルフエクササイズ指導まで~

Eid Mubarak (1)

2017年10月5日(金):3年目までに知っておきたい脳卒中患者の歩行評価と介入:立脚期編

2017年9月29日(木):3年目までに知っておきたい脳卒中患者の歩行評価と介入:遊脚期編

To Eshal