10年目の理学療法士が、新人理学療法士に大切にしてほしい5つのコト

スポンサーリンク

この記事を読んでいただいている方に、新人療法士さんがいると思います。

私は10年目の理学療法士ですが、1年目の自分に伝えたい大切なコトを5つまとめました。新人療法士の方にも、少しは役立つと思います。

私からの贈る言葉~♪

1.知識と技術はしっかり身に付けよう

やっぱり、コレ。

療法士を名乗る以上、知識・技術は大切。

最近では療法士でも、病院やクリニック以外で活躍する人が増えてきましたが、そういう人たちも概して知識・技術がすんごい高い。

身に付けてなくて困ることはあっても、身に付けて困る事はありません。

で、大事なのは環境!

  • かしこい人
  • 上手な人
  • 熱心な人
  • 真面目な人

こういう人たちの近くにいるようにしましょう。所属する病院だけでなく、勉強会などで知り合った人たちと研鑽し合うのも良いです。

SNSにも素敵な療法士はたくさんいます。

2.大好きな1つのコト、好きなたくさんのコトを見つけよう

ワイはこれを極めるんじゃ~!

療法士としてズシッと腰を据えるには、大好きな1つのコトを専門的にぐいぐい深めていく方が良いでしょう。

  • 上肢に対する物理療法は任せろ!
  • 頸部痛については敵なしだ!
  • 脳画像の読み方は無敵だ!

みたいに、大好きな1つを決めて、どんどん突き進んでいきましょう。

その一方で、たくさんの好きなコトを作りましょう。

幅広く知識技術を習得していくと、思いもよらぬところで活きてきます。

  • 足部の勉強してたのに、腰痛への理解が深まった!
  • 評価学を深めていたら、マネジメントが見えてきた!
  • リハ栄養の勉強したら、リスク管理に強くなった!

振り返ると当たり前のことが、その時には電気が走るような衝撃があります。

そして、自分の専門ってなかなか見つかりませんので、まずは幅広くでも良いと思います。

3.インターネットや本にアンテナを張ろう

医療・介護業界って、世の中の全体的な流れからは遅れていることが多いです。

世間ではたくさんのアレコレが機械化されているのに、未だにFAXがのさばっている業界です。

私はnews picksというサイト(アプリもあります)をよく見ていますし、他にもニュースサイトやアプリがたくさんあります。

世の中がどうなっているのかを知っておくことは、自分の生き方にすごく役立ちます。いや、世の中の流れを知らずして、医療・介護業界の常識だけで生きていくことって、すごく怖い。

例えば、おじさんになるにつれて、税金のコトとか知らなくて本当に困りました。

本もたくさん読みましょう。

最近読んでおわわ!と思ったのはこれら。

4.自分の想いを自分の言葉にしてみよう

私は一生懸命勉強してきて、教科書や勉強会の中に正解を求めていました。

それでもなかなか正解は見つかりませんでした。で、悶々と過ごす数年間。

これって何なのかなぁ?と思った時「自分の想いを自分の言葉にしていないこと」に気付いたのです。

  • 教科書に沿った評価して
  • 勉強会で習った治療して
  • 先輩に教わった通りに発表して
  • 上司の指示通りに業務をこなす

すごく優秀な社員かもしれないけれども、自分の意志ってあんまりなかったんです。

小さなことでも良いから、自分の想いを自分の言葉にしてみましょう。

私が応援している若手療法士の八木さんは、最近ブログで自分の考えや想いを発信し始めました。

書く過程で色んな物事が見えてきているようです、今後が楽しみ!

八木さんのブログ:楽で楽しいおはぎの臨床生活 

若手療法士のけっちょさん。

ブログやTwitterで発信する中で、いろんな気付きがあったみたい。記事読んでみてください。

https://twitter.com/pt_kettyo/status/978984191269388288

けっちょさんのブログ:僕は君の人生をリハビリしよう 

ブログやTwitterは目に留まりやすいから、こうやって紹介しています。が、職場内や同級生で語り合うのでもよいし、職場内の症例発表や勉強会でも良いです。

何かの知識をそのまま伝えるのではなく、自分が思ったことを自分の言葉で伝えてみてください。

5.自分を大切にして、楽しもう

世の中にはどうしよもない環境というのがあるようです。

  • いじめられたり
  • 無理させられたり
  • 強要されたり

時には我慢して努力することも必要ですが、どうやらちょっと違う時もある。心身ともにボロボロになるまで頑張って、倒れてしまっては元も子もありません。

自分が自分らしく生き生きとした人生を生きているからこそ、患者さんも生き生きとした人生を過ごせるはず。

自分を大切に、そして楽しんでください。

私は「楽しいことには背徳感がある」という価値観を昔持っていて、苦しければ苦しいほど良いんだ!と歪んでいました。でもまぁ、苦しいです笑。

楽しいことをたくさんやって、苦しいことも楽しめるくらいの状態で生きていきましょう!

それでは(*´ω`)

スポンサーリンク