これから活動を広げたい療法士は【速度力】を鍛えよう!

スポンサーリンク

いくつかの活動をしています、きたです。

最近、すっごく速度力が大切だと感じています。速度力ってなんやねん?

ちょっと語ってみます。

速度力とは「さっさとやること」である

多動力みたいに言いたいだけなのです。

脳卒中片麻痺患者の寝返りを学ぶのコピー
速度力のある時

Aさん「〇〇やりましょう!」

私「ですね!やりましょう!」

翌日…

私「さっそくデモを作ってみました!」 

一方…

速度力のない時

Aさん「〇〇やりましょう!」

私「ですね!やりましょう!」

翌月…

私「さっそくデモを作ってみました!」 

という具合で、さっさと取り組むことを速度力と勝手によんでいます。

物事に火をつけるために、速度力は肝心である

上記のように比べると一目瞭然。

遅いと、事はもう冷めてるんです。

  • 今頃デモ出されてもなぁ…
  • え、まだあの話生きてたの?
  • まぁ、やる気ないのよね?

せっかく提案してもらった案件が、死んでしまいます。

うーん…後輩指導なんかをイメージするともっと分かりやすいかもしれません。

何かをお願いしてもなかなか取り組んでくれない後輩には、継続して指導する気持ちがなくなってしまいますよね?そういう感じです。

脳卒中片麻痺患者の寝返りを学ぶのコピー (1)

つまり、速度力は物事を進めるための「着火剤=火」みたいなものなんです。

あなたが活動を本気でしたいときに、速度力を発揮するかしないかで、周囲の人の気持ちは変わります。

こいつ本気だ…

と思わせるか

こいつやる気ないな…

となるか、速度力が大切なのです。

たくさんブログを書く時期、に、一気に注力する

最近はゴリゴリに文章を書いています。

更新頻度もなかなかに良い感じ。

…暇人かΣ(・□・;)!

普段はこんなに書かないのですが「今は書く時だ!」と思ったので、速度力っぽく、たくさん書いてみました。

ちなみに「コミュセラ編集室」と「僕たちの未来会議」はつい最近始まりました。始まる時って大切だと思ったので、この時も速度力っぽくしてみました。

コミュセラ編集室立ち上げの話

運営「よし!公式noteとしてコミュセラ編集室やろう!」

私「がってん承知の助!」

翌日…

私「一記事目書きました!」

僕たちの未来地図立ち上げの話

私「公式サイト(ブログ)を作ろう!」

運営「それええね!」

私「待ってて!」

翌々日…

私「出来た!」

出来る人はみんな全員、速度力がヤバい

私なんかはまだまだ初級速度力。

仕事の出来る人・大活躍している人と話していると、みんな上級速度力って感じです。

ってわけで、これから活動を広げていきたい!と思っている方は速度力を意識してみてはいかがでしょうか?

ってか…そもそも速度力って言葉として合ってるんだろうか…

活動の第一歩は情報発信!こちらの記事もどうぞ:「情報発信したいけど…」「やってみたけど続かない…」って人は、別にブログにこだわらなくてもいいんだよ!

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!