【対談】セラピストは「身に付けた武器を発信するため」のブログ運営をしていくべきだ。

スポンサーリンク

この1~2年、セラピストでブロガーが増えました。

たくさんのブロガーが書いているように、ブログから広告収入・アフィリエイト収入が得られるので、非常に手軽な副業なのです。

しかし、ブログの使い方って、それだけではありません。

 

今後、セラピストはどのように働いていけばよいのか?

そこで、ブログはどのように役立っていくのか?

 

三人のセラピストと対談してきました(*´ω`)

さっそく対談動画はこちら

冒頭はおじさんたちがご飯を食べているだけなので、少し飛ばしてから見てください。

構成メンバー

西野さん:未来のPT

かずぼーさん:かずぼーのリハビリ大全

細川さん:シュハリプロジェクト

喜多:PT-communications

ここからは対談のポイントを独断と偏見で切り取っていきます(*´ω`)

ブログはキャリアを積む上での資産になる

ーーこれからのセラピストの働き方とは?求められることは?

細川さん:働き方の多様性を受け入れながら、自分のリソースを高めて、それを拡散することです。そして、収入の柱を二本三本と増やしていくことが、これから絶対に求められてきます。

ーーただのアルバイトではダメですかね?

細川さん:誰でも真似出来ることって陳腐化してしまうんですよね。二番煎じ三番煎じでは武器にならないんです。最終的には真似されない…理学療法士さんではなく、喜多くん、西野くん…と固有名詞で戦えることが求められています。

ーー武器を身に付けて、どんな風に働いていけますか?

細川さん:武器を身に付けるだけではダメで、ぼくはここにいますよ!とアピールしなければいけません。その時にメディア…SNSやブログが必要になります。そこで考えておきたいのがストック型かフロー型かです。SNSはフロー型で流れて行ってしまいますが、ブログはストック型でも数年前の記事が読まれたりします。つまり資産になります。SNSってあくまでも燃料です。武器を身に付けていかに発信していくかが、今は求められています。

発信の中で変化を遂げているのがセラピストブロガーである

3ac8c5f9adae5b4c81b9d545f7c0db0e

ーー西野さんの変化はどうですか?

西野さん:変化は感じます。ブログを通して認知してもらえるようになってきていて、自分がどんな人かを知ってもらっています。そういう意味でブログって良い媒体だなと思います。

ーー例えば、西野さんは今年本が出ました。どのように依頼が来たのですか?

西野さん:転倒予防ってこれから注目が集まると思っていて、記事を書いていっていました。それが編集者さんの目に留まって、出版に至りました。

ーー西野さんの中では声がかかると?

西野さん:ちょっとだけ笑。あればいいなってくらいで。

細川さん:さすが、戦略的に!

西野さんが著者である書籍

一般の方が分かるように非常に言葉を選んで書かれた一冊。

書店で置かれることはもちろん、図書館にも売れているとのこと。

アマゾンレビューは感動です、そちらも読んでみてください。

ーー本の反響はどうだったのですか?

西野さん:まずは自分のメディア(ブログやSNS)で宣伝も兼ねて記事を書いていて、アマゾンランキングでも良いところまでいきました。

ーー西野さんの中でブログが本に繋がって、社会に貢献できたことって喜びはあったのですか?

西野さん:めっちゃありました。それがブログを書き始めたきっかけなので。理学療法士がやってて、みんなにやってもらいたいこと…ロッカーファンクションとかを分かりやすく書きました。それを知ってもらって、すごく嬉しかったです。

ブログは信用にもなる

新リハロゴ

ーーかずぼーさんはブログの経過は?

かずぼーさん:今は一年半ですね!

ーー最初の半年くらいはどれくらい見られてたのですか?

かずぼーさん:最初は10000いかないくらいですね。今は100000越えて、120000…そこからウロウロと感じです。

ーーかなり上がってますよね?

かずぼーさん:西野さんに教えてもらって、その戦略を使ってから上がってきました。アクセスの集め方を教えてもらって、それを参考に「リハビリの評価」というキーワードにコミットする形で攻めていきました。

ーーブログを書き進める上で、自分の強みを理解出来るようになってきましたか?

かずぼーさん:理解というよりも、元々自分の大切に思っているものをブログに載せていったという感じです。

細川さん:誰に見て欲しいかを意識して…学生向け、在宅向け…と絞っていくことが良いと思いますね。西野さんはどう感じますか?

西野さん:最近感じることはオンラインとオフラインを繋げていくことが必要と感じます。リアルだけで動いても、ネットだけで動いても効率が悪くて、どちらも行き来することで活動を広げることが出来ると思います。それが信用に繋がっていきます。

細川さん:誰が書いているのかは、かなり重要視されています。セラピストブロガーはしっかりと質を担保しながら、自分の想いやキャリアをのせていく。そしてブログから色を出していかなければいけない。これが必要だと感じます。ブロガーに限らず、想いを語っても、誰を対象に書いているかが分からない時があります。これからのブロガーは読み物として成立させるために、それを意識した方が良いと思います。

武器を見つけるとは

西野さん:武器を見つけれない人が多いとおもうのです。書くものがない、特徴がないって言う人がいるんです。どうですか?

細川さん:マーケットで考えると分かりやすいです。脳卒中や大腿骨頸部骨折を極めます!と言ったら競合が多くて大変ですよね。一方で、その中で得意なものを掛け合わせていく…脳卒中であれば「脳卒中×手×電気刺激」といったように、オリジナリティを見つけていくことを勧めています。やりたいこととやるべきことって違っていて、やるべきことをやりたいことに変えていく必要があります。

働き方に自分の軸を

ーー1つの職場で働いている事に閉塞感を感じている人もいると思うのです。

西野さん:落合陽一さんも3年1つのところで働いたら飽きるって言ってます。

細川さん:藤原先生は5年って言ってますね。藤原先生はリクルートから校長先生になった方なんですが、一見すると突飛なキャリアなんです。でもちゃんと掛け合わせていって、本質はずっと繋がっているんですよね。そうやって模索していると軸が見えてくると思うんです。

西野さん:自分の軸がしっかりと出来ていれば、表面的にはやることが変わっていてもブレナイと思うんです。

ーーその一方で安定志向がありますよね?西野さんがよく言うけど「20万プラスで稼ぎがあればチャレンジできる」というのはすごく腑に落ちます。

西野さん:安全圏をもっておいて、チャレンジしていくことが良いですよね。

ーーそういう意味でブログで10万円稼げれば時間が空きますよね。ブログからの収益が出来た時間で、新しいチャレンジしてますか?

かずぼーさん:どちらかというとマインドのリミットが外れましたね。お金が稼げる、とか、チャレンジしてもいいやん、とか。

細川さん:例えば、副収入が3万円でもあれば、投資でも投機でも…回せるお金になってくると思うんです。それを増やしていって、それをブログに書いていって…というのは良いと思います。先進国ではどんなサラリーマンは一億稼げるって言われています。貰ったお小遣い3万円どうしよう…とかではなく、ちゃんと考えながらお金を使っていくべきだと思いますね。

細川さん:これを言うと批判されるかもしれませんが、セミナーで勉強したことも費用対効果を考えていくべきだと思うのです。「患者さんを良くするぞー!」だけではなく。そうやってブログからでも資産を形成していくことは、セラピストではなく、ひとりの人間として考えていくべきだと思います

セラピストのための優しい経済圏『the Arth』

22228612_1821203107908569_207577921027288309_n

ーーブログを作るってリスクはあるのですか?

かずぼーさん:時間ですかね。

西野さん:半年くらいはアクセス集まらないとかwww

ーーコストは?

西野さん:サーバー代が1500円くらいですかね?

ーーとなると、1500円で一歩チャレンジできると思ったらでかいですよね。

かずぼーさん:先駆者(西野さん)がいるから安心ですよね。

細川さん:先駆者の西野さんがやってるグループもありますよね!

西野さん:the Arthというコミュニティをやってて、みんなで情報発信を勉強していこうというものを作ってます。

ーー具体的には?

西野さん:オンラインサロンですね。Facebookのグループです。ブログって孤独なんで続けれなくて、どうやっていいのか、合ってるのか…それってつらいんです。それを気軽に聞けて相談出来て、続けれます。続けれさえすれば、みんな辞めていくので勝手に残っていくブログになります。

細川さん:かなりいいですよね。手取り足取り教えてくれて、本当に良いですよね。

ーーいくらですか?

西野さん月1980円ですね!

全員:安~~いwwwwww!!!

西野さん:まーほんまに、コミュニティの中でプロジェクトが始まったりしていきます。それがまたブログに還元されたり、良いと思います。

ーーthe Arthの中でイベントやプロジェクトが少しずつ生まれてますよね?

西野さん:オンラインだけで完結せず、繋がっていきます。

ーーメンバーの成長も感じるんですよね?

西野さんちょっと背中を押してもらうことってすごく大切なんです。みんなが前に進もうとしてる空気感とか。それが大きいですよね。

ーーこれからはどうするのですか?

西野さん:拡大したいですね。メンバーが増えるほど情報も増えるし、切磋琢磨していくことが出来るので。

ーー広めるためにセミナーを打っていくのですよね?

西野さん:そうです。2018年1月20日に大阪で一回目のセミナーを開催します。the Arthがどんなものかを感じてもらうものにします。

細川さん:このような取り組みって一部の人しか反応しなくて…。さっきの話だと武器の話で、なんかおもしろそうだ!というセンスが問われていると思います。まだ何がthe Arthか分からないかもしれないけれども、ここで踏み出すかは一人一人のセンスや感性だと思っています。その一歩がブログへの第一歩に繋がるのだと思います。

最後に4人からひと言

かずぼーさん:ブログを始めて可能性を感じています。こうやって色々教えてもらえるので、是非とも!

きた:ブログをプラットフォームに活動をすると、おもろいなぁ!と思ってもらえます。自分の発信の仕方を覚えてもらえると、すごい強みになると思います。

細川さん:サラリーマンでも個人が立って、ブランディングするためにはメディア発信は必要になります。ブログという資産として残していくことは大切です。the Arthというのはブロガーだけではなくて、キャリアやこれからの相談が出来て、成長できる場だと思います。二重にも三重にも有益な場になっていると思います。本当に迷っているならばランチを二回我慢すれば入れるので、ブログを始めなくても、良い場だと思っています。

西野さん:ぼくが運営者ではなく、みんなが運営者するようなイメージでやってます。みんながリーダーで仲間、横関係でやってます。本業では出来ないプロジェクトベースで出来る場所…ネットはレバレッジの効く場ですので、利用してもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

1 個のコメント