FIM「移乗(トイレ)」の評価方法について

スポンサーリンク

この記事ではFIM移乗(トイレ)に関する評価方法について解説します。トイレ移乗の遂行具合は、患者さんの生活に非常に重要な排泄行為に関わってきます。必ず正確な採点が行える必要がありますが、今更聞けない…そんなFIM移乗(トイレ)について復習してみましょう。

定義

FIMにおける移乗動作は3つあることは覚えておきましょう。

  1. ベッド・椅子・車椅子
  2. トイレ
  3. 浴槽・シャワー椅子

移乗(トイレ)では【トイレ移乗動作は便器に移ること便器から離れることを評価する】と定義されています。

トイレに関しては下記の動作手順がありますが、別項目が入っているので混同しないように気を付けてくださいね。

  1. トイレに向かう:FIM移動
  2. トイレに移る:FIM移乗
  3. 排泄をする:FIM排尿・排便
  4. トイレから離れる:FIM移乗

採点方法

7点

装具・手すりなどの自助具を用いずに自立

言葉の通りですね。

トイレ移乗では手すりの使用をイメージしがちですが、短下肢装具などを利用していても減点になりますので注意してください。

6点

装具・手すりなどの自助具を用いて自立 or 時間がかかる

実はポータブルトイレも自助具扱いとなります、利用していれば6点になります。

5点

準備・見守りが必要

準備は、移乗(ベッド・椅子・車椅子)と同様に下記のようなものがあります

  • 車椅子の位置(距離・角度など)を修正する
  • ブレーキ、フットレストの管理を行う

4~1点

ここからは人的介助が必要な状況です。

下記のように判断していきます。

4点:動作の75%以上を行っている

  • 軽く触れている程度の介助

3点:動作の50%以上行っている

  • 軽く引き上げる程度の介助

2点:動作の25%以上行っている

  • しっかり引き上げ、回す介助

1点:動作の25%以下行っている

  • 全介助
  • 2人介助
  • トイレでの排泄を行っていない(FIMの原則通りに採点)

移乗(ベッド・椅子・車椅子)と同様の採点方法ですので、覚えておきましょう。

下記を頭に入れておきましょう。

4点 触れる程度
3点 軽く引き上げる
2点 しっかり引き上げ回す
1点 全介助・二人介助

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。