もう「ヤる」と「ヤラない」の狭間はやめよう!ハッキリと選択していけば、人生は大きく変わる。

スポンサーリンク

どうも!きたです!

最近は療法士の世界だけでなく、療法士以外の世界でも何か出来ることがあるのでは!と考える人が多くなってきましたよね。私ももれなくそんな感じで、何かやってみたいな~と最近ずっと思っていました。

そんな矢先、高校の同級生で現役モデルな女の子から「何かやってみない?」という話をいただいたのです。私は迷うことなく「何かやろうぜ!」と即答。打ち合わせを連発した結果、現在は”ファッションショー”の開催に向けて、企画会議をしまくっています。(どう療法士らしさを出せるのかも模索中…!)

その詳細はここでは置いておいて…企画会議を繰り返す中で、私は自分の人生を責任もって「ヤる」を選択する大切さを痛感したのです。

自分の人生に責任をもって生き…てる?

あなたの人生を他者は責任持ってくれない

突然ですが、自分の人生は自分で責任を持って生きるべきですよね?

こんなの聴くまでもなく当たり前のことですよね?みんなそんなこと分かって生きてますよね?

とか、ずっと考えていたのです。けれども振り返ってみると、どうやら私ってそんな自分で責任をもって生きてこなかったんじゃないの?なんて最近感じてきたのです。

  • なんとなく療法士になって
  • なんとなく仕事して
  • なんとなくご飯食べて
  • なんとなく寝て
  • なんとなく勉強して
  • なんとなく……

適当に過ごしてきたつもりはなかったんだけれども、振り返ってみるとなんとなくが多い。普通に過ごしていると、自分の思っている以上に…自分が決心して熱い想いをもって様々な選択していない。「おれの人生だからおれが選ぶんだ!!」という意気込みがないんですよね。

「誰かが教えてくれたから、なんとな~く…」って、本当にそんなのばっかりだったんじゃないの?って思ってきたのです。

ぼんやりと「ヤる」「ヤラない」を選択する人が多い

「あ、おれ?いつもぼんやりしてるよ」の人

そんな…なんとなくで生きてきた結果、ぼんやーりとした意思決定をしていることが多かったようにも思えるのです。

  • 「うーん、まぁ~ヤれって言われたら、ヤるよ?」
  • 「ま~どちらかと言えば、ヤりたくないかな~」

人生における重要な選択だけではなく、日々のたわいもない選択も含めて。「どっちやねん?」って表現ばっかり使っちゃうのですよね。もちろんその時々でちゃんと選択しているんだけど、どうもハッキリとした意志表示ではない。自分の意志をもってハッキリと「ヤります!」とか言えていない。

で、そう思って周囲の人を見ていると、私と同じようにぼんやりと「ヤる」「ヤラない」を選択する人が多いようなんです。

「オムライスでもパスタでもいいよ~」みたいなね。全然ちゃうやん、米と麺のちがいでっせ?それでええのん?みたいな。

一方で、ハッキリと「ヤる」「ヤラない」を選択出来る人たち

おれ、3割には入ってるぜ!の人

そんなぼんやりさんって世の中の7割くらいだと思うのですよね。

で、残り3割くらいはハッキリさん。

いつだって自分の気持ちに正直になって「ヤります!」「ヤりません!」が言えちゃう。

私は、最近世の中の活動的な人たちと出会う機会が多くて、その残り3割くらいの人たちと直接お話することが増えてきました。みんなね、自分の意見や考えをバシッ!っとかっこよく言えるし、もちろん「ヤる」とか「ヤラない」という選択もバシッと行うわけなんですよ。

これが非常にかっこいい。周りから何言われてもバシッ!ぶれない、圧倒的なのです。そして、かっこいいだけではなくて、いわゆる生き様がにじみ出ていて色んなことが伝わったり思われたりしているのです。

  • 「この人と仕事がしたい!」と思われたり
  • 「こういう風に社会に貢献したい!」が伝わったり
  • 「私はこんな生き方をしている!」が見えたり

本当にね、同じ人間なのにどうしてこうも違うのかというほどがっこよく見える人たちなのです。

そんな人だから、人生においてもおもしろい話がバンバン飛び込んでくるのですよ。「新しい企画、一緒にやってみない?」とかね。

これからの療法士は「複業」の時代だ!

あ、これはマジできますよ

さて、少し話は変わって、これからの療法士の話。

色んな生き方が言われていますが、私は「複業」が圧倒的に強いと思っています。

私の思う複業とは、メインとなる職場でしっかりと正社員を務めながら、ある時にはプロジェクトAに参加して、ある時にはプロジェクトBに参加して…と「複」で働くことです。

実際、私自身も現在プチ複業状態になっています。その様子はnoteにてまとめているので、読んでもらえると嬉しいです。→どこにでもいる超普通の理学療法士が気付けば職場に縛られず、少し変わった働き方になってきた。あなたの参考にきっとなるので、その全容を紹介してみる。

このようなことを考えると「あ!このプロジェクトしたいな~そうだ〇〇さんに声をかけてみよう!」となった時に「はい、是非ともやりましょう!」と答えれるのか、「う~ん、ちょっと考えるから、一週間待ってもらって良い?」と答えるのか…雲泥の差があるのです。つまり「ヤる」をハッキリとすぐに選択出来るような人って、ハッキリしない人に比べると、楽しく仕事出来るような気がするし、一緒にやりたい!って思えるわけですよ。

また、「ヤラない」って事も往々にしてあると思うのですが、そのときでもハッキリと答えるか否かは大きな差があるのですよ。「これは今の自分には興味がないから、参加しないでおくわ!」って言うと、「あ、それなら興味あるプロジェクトで一緒に、またの機会にね!」となるわけです。

  • 「いけたらいくわ」
  • 「いきたくなったら連絡する」

みたいな関西人の「どっちやねんお断り」みたいなことを繰り返していると…「あの人いつもうやむやだから、なんか誘うのもめんどくさくて~」となってしまうのですよね。

先述したような、世の中に3割くらいいるハッキリさんっていうのは「実際、現在、仕事が出来る人」というのがすごい多いです。一瞬で選択して、ハッキリとそれを伝える。これが出来る人が本当に多い。そうやってハッキリと選択をし続けた結果、出来る人になっていったのだろうし、プロジェクトが降ってきているものです。これからもさらにどんどんプロジェクトが舞い降りてくるのだろうなーと思うのです。

選択出来ないうちは「ヤる」をいつも選択しよう

自分の選択をパターン化しておこう!

また話は変わって…まだまだハッキリ選択出来ない私の話。

私のように「普通の療法士」が複業をしたい!と思っても、あっちこっちからプロジェクトが飛んでくるわけではないのですよね。

そうなると「これは自分に合わないな~」なんてことを感じても、断っている余裕なんて寸分もないのですよ。しかも、プロジェクトへの参加経験も少ないものですから、参加する事でどのようなメリットデメリットがあるかも分かるようでさっぱり分からないものです。

だから、どんどんいつだって「ヤる」という選択をしていって、「ヤる」の酸いも甘いも吸い尽くす必要があると思うのですよね。いつだって、エブリシング「ヤる」!が必要だと思うのですよ。ぐたぐた言わずに動こうぜ!とはまさになのです。

ホリエモンさんは「バカになれ!」「とにかく何でもやりまくれ!」みたいなことを言ってるらしいのですが、これも一つの「ヤる」!的なものですよね。って私は多動力読んでないので全然知りませんが…いずれ読みます…。

「ヤる」をハッキリと選択させないのは、あなた自身のせいだ!

ハッキリ言って、全部自分のせいなんだ…

「何かに挑戦したい…けどなぁ…」と思っても、行動に結びついていない人の多くは、自分自身で心にブロックをかけてしまっているものです。

  • 「いや、私にはまだ早い…」
  • 「今の実力では周りに迷惑がかかる…」
  • 「まだその時期じゃない…」

とか、「もう…ええって!」と思うような言い訳をガンガンかましてくるわけですよ。これってそう思わせている原因はほかでもない自分自身ですから、さっさとその心ブロックを外してしまって、やりたい放題やればええのになぁ…といつも感じます。とはいえ、私はこの心ブロックがなかなか外せずに(というか自覚すらもしてなかった…)2年くらいかかったように思います。

で、ですね、心のブロックを外す方法なんですけど、意外と簡単で、「外しまくってる人とどんどん出会うこと!」だと思うのです

心ブロックが外れてて、行動も思考も自由な人と一緒にいると、「なんて私って小さくて弱い人間なんだ…」と感じてくるものです。心ブロックかけてることがバカバカしくなってしまいます。そういう現場に自分を暴露していきましょう。

私はもう狭間で生きるのを辞めようと思うんだ

やめたニャ~

さてさて、最後に私の話。

ここまで書いたように、私自身も「あ~ま~いいですよね~」とか、わけの分からん発言をする男だったわけです。全然男らしくなくて、女々しくてなんだか恥ずかしいやつですわ。

それでも色んな事に取り組もうとして、色んな人に会って、色んな選択をする機会が増えたおかげで、いつの間にか「ヤる」と「ヤラない」の狭間で生きるようなことを辞めようと決心出来てきました。し、実際少しずつそうなってきているように感じています。

複業しよう!なんて思う方は、主たる職場に足を置きながらも、少し大胆な行動を取れなければいけません。そのためには、ちょっとずつでも「ヤる」と「ヤラない」の狭間から抜け出せるように心がけて生きてみましょう!

スポンサーリンク

療法士の自己実現
そして他者実現を叶えよう

療法士の自己実現・他者実現を叶えるために、コミュニケーションを鍛えよう!というオンラインサロン…その名も「コミュセラ」を運営中。詳細は下記へ。

そして、このオンラインサロンのイベント「コミュセリアル:コミュニケーションを止めるな!」が11/24に名古屋にて開催されます。募集人数少ないのに低価格ですので、お早めに!